トップ > 組織・電話番号 > 総務部-管財課 > アートワーク

アートワーク

 太田市庁舎を単なる建物にするのではなく、私たちの住んでいる土地の風土、歴史を再発
見し、文化の息吹きを吹き込んで発信できる、そんな血の通った環境そのものに市民の皆様
の手で育てて頂きたいと考えております。心に残りやすく、文化を考えやすくするために環
境造形は皆様の想いのきっかけにご活用ください。

  • 環境としてのアート
  • 作品は建物ができた後に選んだものではなく、すべて建築設計と同時進行で計画し、庁
    舎全体で豊かな顔が表現されるように、建物と一体の環境として融合することを求めま
    した。
  • 太田の良きイメージ
  • 太田には金山をはじめ、塚廻古墳、武家屋敷、熊野神社の藤など様々な歴史、風
    土的要素があります。その要素を題材にして良き太田を再発見できるイメージの
    起点を求めました。
  • 使われる造形群
  • 作品は単に美術品としてだけでなく、ベンチ、サイン、照明等機能性を持たせて造形化
    されています。建築と機能を共有化させ実際に使える効率的なイメージ効果を求めまし
    た。
    環境造形の1F配置場所

    環境造形の1F配置場所

    1F池:モニュメント

    1F池:モニュメント

    1F市民ロビー:金山の四季を題材にした陶板壁画

    1F市民ロビー:
    金山の四季を題材にした陶板壁画

    1F市民ロビー:塚廻り古墳を題材に建築意匠と融合させた記載台造形

    1F市民ロビー:塚廻り古墳を題材
    に建築意匠と融合させた記載台造形

    1F市民ロビー:
    利根川にあった舟橋を題材にした
    無方向座面のベンチ

    1F情報コーナー:熊野神社の藤棚を題材にした照明カバー

    1F情報コーナー:
    熊野神社の藤棚を題材にした照明カバー

    1Fシティーモール:
    飛行機を題材にした
    天上装飾造形

    1Fラウンジ:藤棚の色彩を題材に建築構造を融合させた柱造形

    1Fラウンジ:
    藤棚の色彩を題材に
    建築構造を融合させた柱造形

    1Fシティモール:加茂川の滝を題材にした案内表示造形版

    1Fシティモール:
    加茂川の滝を題材にした案内表示造形版

    2F~12F:階数案内表示板造形

    4F:周囲の山並と
    映し込む田を題材にした
    ベンチ造形

    4F中庭:金山の松茸を題材にした照明造形

    4F中庭:
    金山の松茸を題材にした
    照明造形

    5F議会傍聴ロビー:
    金山を題材にした照明

    ▲このページの先頭へ