トップ > 組織・電話番号 > 総務部-管財課 > 庁舎建設Q&A

庁舎建設Q&A

(他市からのよくある照会事項)

1.工期はどのくらいかかりましたか?

 ■設計工期
  基本設計:平成4年12月14日~平成5年8月31日
  実施設計:平成5年11月19日~平成6年3月25日
 ■工事工期
  平成6年9月6日から平成10年3月25日までです。

2. 総事業費はどの位ですか?
  また、本体の工事費はどの位ですか?

  総事業費は、158億4千万円です。財源内訳として、基金が80億8千万円、起債が64億7千万
 円、一般財源が10億6千万円、補助金等が2億3千万円です。また、本体の工事費は、138億4
 千万円です。

3. 庁舎の基本理念は?

 「人と環境に優しい庁舎」です。

4. 新庁舎建設に民意を反映しましたか?

 一般公募(90人)による「新庁舎建設まちづくり委員会」を設置し、次のテーマを議論いたしました。

  • 市民が利用しやすい市民サービスや窓口のあり方について
  • 駐車場を含めた庁舎開放のあり方について
  • 情報通信システムネットワークのあり方について
  • 視察(宇都宮市、所沢市)
  • 全体会議

5. 新庁舎建設に係る組織の設立状況は?

  • 議会内
    新庁舎建設調査特別委員会(後に新庁舎建設特別委員会)
  • 市役所内
    新庁舎建設調査委員会(後に新庁舎建設委員会)

6. 専門部会は設置されましたか?

 以下8部会を設置いたしました。

  • インテリジェント化検討専門部会
  • 文書管理、事務機器選定検討専門部会
  • 福利厚生施設専門部会
  • ATM設置検討専門部会
  • 周辺道路等検討専門部会
  • 文化化、アート専門部会
  • 市民サービス検討専門部会
  • 庁舎管理検討専門部会

7. 建設地の選定は?

 「新庁舎建設調査特別委員会」及び「新庁舎建設委員会」で検討し、平成4年3月議会において現在 地に決定しました。

8. 庁舎の職員想定人数は?

 想定は、平成20年度、人口17万5千人、庁舎内職員数を865人としています。

9. 施設の特徴は?

 主な特徴としては、次のようなものがあげられます。

  • 災害時の防災拠点としての機能
  • 情報センターを設置し、市民サービスの高度化庁内業務の効率化
  • メインの空調をノンフロン化
  • 太陽光発電システムによる、最大30KWの発電設備
  • 雨水ろ過設備による、トイレや散水への再利用
  • お年寄りや体の不自由な方でも安心して利用できるよう、バリヤフリー化
  • 庁舎内の分煙化

10. 庁内での催し物がありますか?

市民ロビーでのロビーコンサートや展示、また、和室会議室でのお茶会や着物のきつけ教室を行っております。

11. 敷地内の駐車場は?

地上来客用駐車場が318台あります。(内身障者用が9台)

▲このページの先頭へ