トップ > 組織・電話番号 > 市民生活部-市民課 > お知らせ > マイナンバー(個人番号)カード取得の流れについて

マイナンバー(個人番号)カード取得の流れについて

平成27年10月よりマイナンバー制度が施行され、平成28年1月から希望者はマイナンバー(個人番号)カードの交付が受けられます。個人番号カードは、マイナンバーを証明するほか、顔写真付の身分証明書となる等、大切なものですので、必要書類をはじめ厳格な手続となります。ご理解ご協力をお願いいたします。

1.個人番号カード交付申請書を送付します

個人番号カードは希望者のみ交付されます。取得を希望する方は通知カードに付属している個人番号カード交付申請書に顔写真を貼付し、必要事項を記入して地方公共団体情報システム機構(J-LIS)へお申込みください。なお、個人番号カード交付申請書の内容(住所、氏名等)に変更がある場合は、その個人番号カード交付申請書は使えませんので、個人番号カード交付申請書の再発行申請に市民課窓口へ原則ご本人がご来庁ください(身分証明書必須)。なお、受け取りについてのご案内まで、申込みから概ね1か月程度お待ちいただきます。

※申請方法等の詳細は、マイナンバーカード総合サイトをご確認ください。

マイナンバーカード総合サイトはこちら(https://www.kojinbango-card.go.jp/kofushinse/

2.個人番号カード交付通知書等が届きます

個人番号カードがJ-LISで作成され交付の準備が整うと、市役所から「個人番号カード交付通知書(はがき)」および「マイナンバー(個人番号)カードの受け取りについてのご案内」等が入った封書が届きます。ご案内に記載された内容を確認し、必要な持ち物等をご用意のうえ、交付指定日に原則ご本人がご来庁ください。

ご都合により交付指定日にご来庁できない場合は、「個人番号カード交付通知書(同封のはがき)」に記載された期限までの日程で電話(0276-47-1913)によりご予約のうえお越しください。予約制ではございますが、一部の日曜日等に交付日を設けています。

個人番号カードは市役所ではなく、J-LISが作成します。個人番号カード交付申請中に個人番号カード交付申請書の内容(住所、氏名等)に変更があった場合、個人番号カードが作成できない可能性がありますので、新しい個人番号カード交付申請書を受け取りに市民課窓口へご来庁ください(身分証明書必須)。

3.個人番号カードを受け取ります

個人番号カードの受け取りには、原則として申請者ご本人がお越しください。ご本人が病気、身体の障害、その他やむをえない理由により、交付会場にお越しになることが難しい場合に限り、代理人に個人番号カードの受け取りを委任できます(やむをえない理由により、ご本人の来庁が困難であることを証する書類が必要)。

仕事・学業が多忙なため本人が来庁できないといった理由は、通常はやむをえない理由と認められておらず、委任を行うことができませんのでご注意ください。

15歳未満の方又は成年被後見人の方は、その法定代理人と一緒にお越しください(法定代理人であることを証する書類が必要)。

4.住民基本台帳カードをお持ちの方へ

住民基本台帳カードをお持ちの方は、個人番号カードへの切り替えをおすすめします。住民基本台帳カードに署名用電子証明書を格納された方は、署名用電子証明書の有効期間にご注意ください。有効期間満了後も引き続き電子証明書の利用サービス(e-Taxでの確定申告)を継続するには 、個人番号カードの交付申請をお願いします。

住民基本台帳カードへの署名用電子証明書の格納は平成27年12月で終了しています。

▲このページの先頭へ