トップ > 組織・電話番号 > 市民生活部-沢野行政センター > 冠稲荷神社拝殿/冠稲荷のボケの花

冠稲荷神社拝殿/冠稲荷のボケの花

冠稲荷神社本殿
かんむりいなりじんじゃほんでん

 冠稲荷神社は、天治2年(1125)、新田義重の父である源義国によって創建されたと伝えられる古社です。社伝によると、「承安4年(1174)、源義経は藤原秀衡を頼り奥州下向の途次、この神社に参籠した際、源氏ゆかりの神社と知り、冠の中に奉持してきた伏見稲荷大明神ほか2社の御分霊・神礼を社に納めた」という故事により、以後、神社は冠稲荷大明神と呼ばれるようになったとされています。
 本殿は、間口1.5間、奥行1間の三間社流れ造り正面千鳥破風向拝唐破風付きという建築様式で、棟札から享保7年(1722)12月に上棟されたことがわかります。
 聖天宮は境内の古墳墳頂に建てられており、四方入母屋造り正面唐破風付きと呼ばれる形式で、間口1.5間、奥行2間です。昭和56年度に屋根の保存修理を行い、桟瓦葺であったものを本瓦葺に改めました。棟札によると、安政4年(1857)佐波郡下渕名の宮大工棟梁弥勒寺河内藤原照房(弥勒寺音次郎)の製作です。天井と周囲の彫刻は音次郎の子音八らによるもので、常陸(茨城県)の雨引観音や笠間稲荷神社本殿などの建築に携わった名彫工の技の冴えを垣間見ることができます。

冠稲荷神社本殿

詳細情報
指定区分
市指定重要文化財
[建造物(建築)]
指定年月日
平成2年3月26日
所在地
太田市細谷町1 冠稲荷神社

冠稲荷のボケ
かんむりいなりのぼけ

 ボケ(木瓜)はバラ科の落葉または半常緑の低木で、中国・日本に数種分布します。日本にあるのはクサボケの一種で、他は中国原産です。枝にはトゲがあり、5弁の花を開き、秋にはリンゴに似た香り高い黄色の果実を結びます。
 冠稲荷神社境内にあるボケは、緋ボケと呼ばれる園芸種です。樹(株)齢は300~400年を経過していると推定されます。根元回り約3m、樹高約3.5mで、500本ほどの樹が分岐を重ね半円形状に叢生し、株を形成しています。樹勢は盛んで毎年4月上旬頃に紅色の花が咲き、境内は華やいだ雰囲気に包まれます。このボケには子宝祈願にまつわる伝説があり、現在でも子育て、縁結びなど厚い信仰の対象となっています。

冠稲荷のボケ

冠稲荷のボケ

ボケの花

ボケの花

詳細情報
指定区分
県指定天然記念物
指定年月日
昭和30年1月14日
所在地
太田市細谷町1

▲このページの先頭へ