トップ > 組織・電話番号 > 健康医療部-長寿あんしん課 > 介護予防・日常生活支援総合事業(総合事業)について

介護予防・日常生活支援総合事業(総合事業)について

介護保険法の改正により、予防給付サービスのうち、介護予防訪問介護と介護予防通所介護を市の事業である地域支援事業に移行し、介護予防事業と併せた介護予防・日常生活支援総合事業(以下「総合事業」という。)の実施が決定されたことを受け、太田市では平成28年1月から総合事業を実施します。
また、既存の介護事業所によるサービスに加え、地域の実情に応じて、NPOやボランティア団体、地域住民等の多様な主体による生活支援サービスを検討し、要支援者等に対する効果的かつ効率的な支援を推進します。
 

移行の時期とサービス

 本市では平成28年1月より以下のサービスを実施します。

  • 介護予防訪問介護(ホームヘルプ) → 介護予防訪問介護相当サービス
  • 介護予防通所介護(デイサービス) → 介護予防通所介護相当サービス

 多様な主体によるサービスについては、協議体(生活支援体制整備事業)で検討し、準備ができて体制の整ったものから順次実施していきます。
 

総合事業の構成と対象者

 総合事業は、以下の2つの事業で構成されます。

介護予防・生活支援サービス事業(第1号事業)

 要介護認定で要支援1・2と判定された人や、基本チェックリストにて運動・栄養・口腔など生活機能の低下がみられ従来の要支援相当と判定された方
 が対象となります。介護予防訪問介護相当サービス、介護予防通所介護相当サービスの2つがあります。

一般介護予防事業

 太田市内に在住する65歳以上の高齢者が対象です。介護予防のための運動教室の実施や自主サークルの立ち上げ支援など、介護予防活動に取り
 組む事業です。市や各地域の地域包括支援センターが実施しており、広報おおたや行政センターだより等で随時開催をお知らせしていきます。
 

住所地特例対象者に対する総合事業の実施

 本市の移行前でも、総合事業を実施している市町村に居住する住所地特例対象者は、居住先で総合事業のサービスを受けることができます。
 事業内容については、居住先の市町村の介護保険担当課にお尋ねください。
 

説明会資料

 市民の皆様や市内の居宅介護支援、介護予防訪問介護および介護予防通所介護の事業所を対象に、それぞれ説明会を開催しています。
 内容はこちら
 

指定申請・加算の届出

 総合事業に対する指定申請および加算の算定の届出に関する内容についてはこちらのページをご覧ください。
 

サービスコード

 総合事業の請求に関しては、下記のサービスコード及び単位数表マスタをご利用ください。(H29.4.27更新)

 総合事業サービスコード及び単位数表マスタ (zipファイル)
 

更新日 更新内容
H28.7.1 給付制限用サービスコード(A3、A7)及び給付率の標記を追加
H28.8.8 A2の訪問型サービスⅠの追加
H28.10.6 A3、A7の介護職員処遇改善加算の修正
H29.4.10 介護職員処遇改善加算の改正に伴う更新
H29.4.14 処遇改善加算(A3、A7)重複コードの修正
H29.4.27 単位点数マスタに処遇改善加算コード(旧Ⅰ~Ⅳ)を追加

 

総合事業に関する質問

 総合事業に関する質問はこちらでお受けし、回答させていただきます。
 下記の「質問票」に質問事項をご記入のうえ、メールにて長寿あんしん課(当ページ最下段に記載のメールアドレス)に送付ください。

  質問票(総合事業)ワードファイル(33KB)

回答について

 上記でお受けした質問に対し、市の回答を掲載します。

  総合事業に関するQ&A(H27.12.11版)
 総合事業に関するQ&A(H28.1.4版)
  総合事業に関するQ&A(H28.1.22版)
 総合事業に関するQ&A(H28.2.18版)
  総合事業に関するQ&A(H28.9.2版)
  総合事業に関するQ&A(H29.3.24版)
 

関連リンク

 【厚生労働省ホームページ】

▲このページの先頭へ