トップ > 組織・電話番号 > 健康医療部-長寿あんしん課 > 介護保険外のサービス

介護保険外のサービス

太田市独自のサービス

太田市では、介護保険のサービスのほか高齢者を対象とした、さまざまなサービスを提供しています。

高齢者のためのサービス

・介護用紙おむつの給付
在宅で介護を受けている65歳以上の高齢者で、常時ねたきり状態又は認知症で紙おむつを必要とする人に対し、2ヶ月ごとに一定量のおむつ等を給付します。
給付の申請窓口は、 太田市社会福祉協議会(0276-46-6208) になります。

・出張理容サービス
要介護3以上の、在宅でねたきり状態の65歳以上の高齢者で理髪に困っている人に対し、自宅へ出張して理髪サービスを行います。
利用は年4回までです。
住民税本人課税者は、1,000円負担していただきます。

・高齢者住宅改造費の助成 60歳以上の所得税世帯非課税の人等が、安全な生活が送れるよう、居住する家屋のバリアフリー工事を行う場合、その費用の一部を補助します。
ただし、500,000円を限度とします。
なお、介護保険の住宅改修が優先されます。

・介護車両購入費の助成
要介護3以上の高齢者又は身体障害者で、下肢及び体幹機能障害1・2級の人等を抱える家族が、同乗させて外出する時に使用する車いす仕様車・介護車両を購入するのにかかる費用の内、 改造費相当分 に対して助成をします。
ただし、100,000円を限度とします。


ひとり暮らしの人への支援

ひとり暮らしの高齢者世帯等を対象に、その在宅生活を支援するため、調査に基づき、次のサービスを提供しています。

■注意■
65歳以上の人が対象です。

・寝具丸洗い乾燥
ひとり暮らし、又はねたきりの高齢者等を対象に、月に1回寝具を預かり、その日の内に丸洗い又は乾燥して届けます。

・日常生活用具の給付
ひとり暮らし、又はねたきりの高齢者が安全な生活を送れるよう用具を給付します。
給付する用具は、電磁調理器・火災警報器・自動消火器です。

・緊急通報装置の貸与
ひとり暮らしの高齢者で緊急性が高い疾病がある人に対し、緊急事態発生時に消防署に直接通報できる装置を貸与します。

・福祉電話の貸与
経済的理由により、自力で電話加入できないひとり暮らしの高齢者に電話の架設に係る費用を貸与します。
基本料金は市で負担します。


介護者への支援サービス

在宅で要介護者を介護する家族に対して、次のサービスを実施しています。

・介護慰労金の支給
在宅で65歳以上のねたきり高齢者を介護していて、次の条件を全て満たす場合に介護慰労金を支給します。

条件1: 介護を受けている人の要介護状態区分が要介護4又は要介護5
条件2: 条件1の状態が、1年以上継続している
条件3: 条件2の期間中、病院への入院や施設入所(ショートを含む)などで在宅から離れた日数の合計が100日を超えない


自立支援サービス

介護保険の認定で「非該当」と判定された人も、調査に基づいて自立支援の必要があると判断された場合は、次のサービスを利用できます。
1ヶ月の利用限度単位は、5,003単位です。
サービス提供に要する経費のうち一部の利用者負担があります。

■注意■
65歳以上の人が対象です。

・通院支援サービス
要支援の人に対し通院乗降介助が必要な場合、10回(片道)/月まで通院支援サービスが受けられます。
生計中心者の前年所得税の状況により一部利用者負担があります。

・生活支援型家事援助
非該当と認定されたが日常の家事を行うには支障がある、という人にヘルパーが家事の援助を行います。

・生きがい型デイサービス
孤独感の解消や社会参加の促進を目的として、デイサービスを利用することができます。

・生活支援型短期入所
介護者が冠婚葬祭等で不在の間、特別養護老人ホームへ短期入所することができます。
利用可能日数は、6ヶ月で7日間までです。


▲このページの先頭へ