トップ > 組織・電話番号 > 健康医療部-長寿あんしん課 > 太田市介護支援ボランティアについて

太田市介護支援ボランティアについて

太田市介護支援ボランティアとは

高齢者が介護支援ボランティア活動を通して社会参加、社会貢献することを奨励及び支援し、高齢者自身の介護予防と自らの生きがいの場づくりを促進するとともに、高齢者が自立的、活動的な生活を送れる地域社会づくりを目的に実施するものです。

対象者

太田市内在住の要支援、要介護認定を受けていない65歳以上の方

ボランティアを実施するまでの流れ

ボランティアの流れ

基礎研修の申込

4月と9月にボランティアの研修申込を受付します(広報おおたでお知らせします)

基礎研修、ボランティアの登録

ボランティアの基本的な研修(ボランティアの心構えや介護支援ボランティアの制度説明)を受け、ボランティアの登録手続きを行います。

ボランティア活動の開始

ご自身で、太田市に登録されているボランティア施設と連絡を取り、ボランティア活動を始めます。ボランティア活動を行うと、1日につき上限2個のスタンプを手帳に押します。

ポイントの交換

貯まったスタンプ数に応じて、太田市金券(上限5千円)と交換します。

介護保険料の滞納があると、金券に交換することができません。

ボランティア活動について

施設内で施設職員とともに行う軽微かつ補助的な活動となります。施設職員が行うべき介護に係るサービスはできません。

対象となるボランティア活動

・レクリエーション等(歌、体操など)の指導、参加支援

・お茶だしや食堂内の配膳・下膳などの補助

・喫茶などの運営補助

・散歩、外出、館内移動の補助

・行事の手伝い(模擬店、会場運営、利用者の補助、芸能披露など)

・傾聴、話し相手や囲碁将棋等の相手

・場内の環境整備(植栽、花壇の手入れ、草むしり、ゴミ出し、清掃、ガラスふきなど)

・書道、絵画、絵手紙、折り紙等の趣味活動の指導

・その他施設職員とともに行う軽微かつ補助的活動(食後の片付け、洗濯物の整理、裁縫、シーツ交換など)

対象とならないボランティア活動

・受入機関以外でのボランティア活動

・報酬、謝礼金が支払われている活動

・専ら自身の親族に対する活動

・受入機関の主催事業でないものに対する活動(施設内を使用して活動する他の団体への参加など)

ポイントについて

スタンプの押印について

スタンプは、1時間あたり1個で、1日上限2個です。(毎年4月1日~3月31日までの1年間が有効)

太田市金券への交換について

・下記の表に基づき、貯めたスタンプが10個以上であれば、翌年度に金券へ交換できます。

スタンプ数 金券の額
10個(ポイント) 1,000円
20個(ポイント) 2,000円
30個(ポイント) 3,000円
40個(ポイント) 4,000円
50個(ポイント) 5,000円

55個以上貯めた方は、太田市金券5千円とポイントに応じてぐんまちゃんグッズと交換できます。

交換期間

毎年4月30日までに手続きします。手続きについては、郵便でご案内いたします。

※期限までに手続きしないと、貯めたスタンプは無効になります。

その他

・介護保険料の滞納がある場合は、交換できません。
・市外に引越した場合は、太田市の介護支援ボランティアとして活動することはできません。また、交換の申し出もできなくなります。

ボランティア受入施設について

基礎研修を受講し、ボランティアの登録をされた方は、太田市に登録された施設において、ボランティアを実施していただきます。

詳しくは、下記の太田市介護支援ボランティア受入施設一覧表をご確認ください。

太田市介護支援ボランティア受入施設一覧表PDFファイル 平成27年7月現在

介護支援ボランティアパンフレット

太田市介護支援ボランティアパンフレットPDFファイル

ボランティア受入施設向け

※受入状況報告書を変更しました。(平成28年4月8日)

様式名 様式
活動受入日誌 様式エクセルファイル
受入状況報告書 様式エクセルファイル

お問い合わせ先

太田市役所 長寿あんしん課 地域支援係

(TEL)0276-47-1856

▲このページの先頭へ