トップ > 組織・電話番号 > 福祉こども部-障がい福祉課 > 特別児童扶養手当の支給

特別児童扶養手当の支給

精神や身体に一定以上の障がい(おおむね身障1級から3級程度・療育B1以上)を有する20歳未満の児童を監護している保護者に手当を支給します。

支給制限

  1. 児童が施設に入所している
  2. 児童を監護していない
  3. 児童の障害が特別児童扶養手当の等級に該当していない
  4. 請求者及び配偶者、扶養義務者の所得が一定額を超えている
  5. 児童が障害を事由とする公的年金を受給できる

手当額

月額  1級 51,450円   2級 34,270円   4か月分まとめて4,8,11月に支払います。

 

手続きに必要なもの

  1. 請求者と対象児童の戸籍謄本
  2. 請求者と対象児童が含まれる世帯全員(同一住所や隣接地にお住まいの親族(父母、兄弟など)含む)の住民票
  3. 所定の診断書
  4. 障害者手帳または療育手帳をお持ちの方はその手帳
  5. 請求者名義の通帳
  6. マイナンバーカード(または個人番号通知カード) ※請求者、対象児童、配偶者及び扶養義務者分が必要です。
  7. はんこ(朱肉を使うもの)

注意事項

  • 戸籍謄本及び住民票は発効から1カ月以内のものが必要です。
  • 住民票は続柄・本籍の記載のあるものが必要です。
  • 身体障害者手帳または療育手帳をお持ちの方は「3.所定の診断書」の提出を省略できる場合があります。
  • 外国籍の場合は、対象児童の出生証明書(訳文付)もしくは出生届記載事項証明書が必要です。
  • 市外から転入の方は、請求者及び配偶者、扶養義務者の所得証明書(特別児童扶養手当用)も必要です。
  • 手当の申請に来ていただいた方について確認をさせていただきますので、確認できる書類をお持ちください。(運転免許証やパスポートなど)

詳しい内容や必要書類については、群馬県のホームページをご覧ください。

▲このページの先頭へ