トップ > 組織・電話番号 > 健康医療部-医療年金課 > 自己負担割合について

自己負担割合について

自己負担割合の判定基準

所得区分 負担割合 被保険者が属する世帯の住民税課税所得
現役並み所得者 3割 世帯内に145万円以上の被保険者がいる人(※)
一般 1割 現役並み所得者、低所得者以外の人
低所得者Ⅱ 1割 世帯員全員が非課税である人
低所得者Ⅰ 1割 世帯員全員が非課税で、かつ控除後所得が0円となる世帯の人

※ただし、3割負担の人で次の1~3に該当する場合は、申請により1割負担となります。

1.被保険者が世帯に1人で、収入額が383万円未満の人
2.被保険者が世帯に複数で、収入額が520万円未満の人
3.被保険者が世帯に1人で、収入額が383万円以上で、かつ世帯に70歳から74歳の人がいる場合、収入合計が520万円未満の人

1カ月に支払った自己負担額が高額になったとき

 1カ月に支払った医療費の自己負担額が定められた限度額を超えた場合は、限度額を超えた額が「高額療養費」として支給されます。
 一つの医療機関での支払いは、外来も入院もそれぞれの限度額までです。

自己負担限度額
所得区分 負担割合 外来
(個人の限度額)
外来+入院
(世帯の限度額)
現役並み所得者
3割
44,400円
80,100円+(総医療費-267,000円)×1%
一般
1割
12,000円
44,400円
低所得者Ⅱ(※)
1割
8,000円
24,600円
低所得者Ⅰ(※)
1割
8,000円
15,000円

※低所得者Ⅱ・Ⅰの人は「限度額適用・標準負担額減額認定証」を医療機関窓口へ提示していただくことで限度額が適用となりますので、必要な人は医療年金課へご確認ください。

▲このページの先頭へ