トップ > 組織・電話番号 > 健康医療部-医療年金課 > 国民年金の届け出と納入

国民年金の届け出と納入

国民年金は、日本に住む20歳以上60歳未満のすべての人が加入し、加入者(被保険者)は第1号・第2号・第3号の3種類に区分されます。

  • 第1号被保険者・・・自営業者や学生など
  • 第2号被保険者・・・厚生年金や共済組合に加入している人(会社員や公務員など)
  • 第3号被保険者・・・第2号被保険者に扶養されている配偶者(専業主婦など)

国民年金の手続き

次の場合には、手続きが必要です。

こんなとき 用意するもの
会社を退職したとき 離脱証明書、年金手帳、印鑑
第2号被保険者に扶養されなくなったとき
※離婚、配偶者の退職、あなたの収入が増えた場合など

国民年金保険料の額(平成29年4月1日現在)

  • 定額保険料 月額16,490円
  • 付加保険料 月額    400円

※ 付加保険料は、第1号被保険者および任意加入被保険者が納付することができ、月額400円の付加保険料を納付した期間について、1カ月当たり200円で計算した額を老齢基礎年金に加算するものです。

保険料の納付方法

  • 現金納付(納付書でのお支払い)
    「領収(納付受託)済通知書」を使用し、「納付期限」までに銀行などの金融機関、郵便局、コンビニエンスストアにて納めてください。
    手元に納付書がないときは、納付書の再発行が必要となります。

  • 口座振替
    口座振替で納めると手間がかからず、納め忘れを防ぐこともできます。口座振替の手続きは、太田市役所または年金事務所、金融機関の窓口で受け付けています。

  • クレジットカード納付
    クレジットカードにより定期的に納付する方法です。申込み手続きは、年金事務所で受け付けております。

    ※国民年金の納付について詳しくは太田市役所またはお近くの年金事務所までお問い合わせください。

保険料の前納割引制度

国民年金の保険料を納付期限内にまとめて前納すると、割引になりますので、ご利用ください。

  • 国民年金前納割引制度(口座振替 前納)について
    口座振替の振替方法は、
    (1)2年前納(4月~翌々年3月分)
    (2)1年前納(4月~翌年3月分)
    (3)6カ月前納(4月~9月分、10月~翌年3月分)
    (4)当月末振替(早割) ※本来の納付期限よりも1か月早く口座より振替する方法です。
       月々の保険料を口座振替の早割(当月保険料を当月末引落し)で納付すると年間600円(月額50円)の割引となります。
    (5)翌月末振替 ※保険料の割引はありません。
    の5種類があり、(1)~(4)までの振替方法では割引が適用されます。
    なお、2年前納、1年前納、6カ月前納(4月~9月分)は2月末日、6カ月前納(10月~翌年3月分)は8月末日までに手続きが必要です。
     
  • 国民年金前納割引制度(現金払い 前納)について
    国民年金保険料を期限内に納付書で前納すると割引があります。
    また、現金払いでの前納は、1年度(12カ月分)や6カ月分だけではなく、任意の月分から年度末までの分を前納することも可能です。この場合、専用の納付書が必要となりますので、太田市役所または年金事務所までお問い合わせください。

※平成29年4月より、新たに現金・クレジットカード納付による2年前納が始まります。                                                                                   「2年前納」で納付するためにはお手続きが必要です。 

クレジットカードの場合                                                                                      「国民年金保険料クレジットカード納付(変更)申出書」に必要事項を記入の上、年金事務所(郵送も可)へご提出ください。

現金の場合                                                                                                「2年前納保険料を現金で納付したい」旨を年金事務所にお申し出ください。                                                      ※ 納付額が30万円以上の場合、コンビニエンスストアでの納付はできません。

保険料が納められない時は

保険料免除制度(全額免除・4分の3免除・半額・4分の1免除)

  経済的な理由等で保険料を納めることができないときは、申請し、承認されると保険料が免除される制度で、(1)全額免除(2)4分の3免除(3)半額免除(4)4分の1免除があります。

  • ◎平成21年度4月分より国庫負担割合が変わりました。
    (1)全額免除を受けた期間は、老齢基礎年金が8分の4の受給となります。
    (2)4分の3免除を受けた期間は、老齢基礎年金が8分の5の受給となります。
       ただし、4分の1の保険料を納めない場合は未納期間として取り扱われますので、ご注意ください。
    (3)半額免除を受けた機関は、老齢基礎年金が8分の6の受給となります。
       ただし、半額の保険料を納めない場合は未納期間として取り扱われますので、ご注意ください。
    (4)4分の1免除を受けた期間は、老齢基礎年金が8分の7の受給となります。
       ただし、4分の3の保険料を納めない場合は未納期間として取り扱われますので、ご注意ください。

学生納付特例制度

  学生本人の所得が一定額以下の場合、申請し、承認されると保険料の納付が猶予される制度です。この制度の対象者は、大学、短大、専門学校等に在籍している学生です。 納付特例を受けた期間については、年金を受け取るための期間として計算されますが、年金額には反映されません。

納付猶予制度

 50歳未満の方で本人、配偶者の前年あるいは前々年の所得(申請した時期によって異なります)によって納付が猶予されます。申請免除と違い世帯主に所得があっても本人、配偶者だけの所得だけで審査します。
 納付猶予を受けた期間については、年金を受け取るための期間として計算されますが、年金額には反映されません。

※なお、免除期間、学生納付特例期間とも10年以内に保険料を追納することができ、追納されますと減額されずに年金を受け取ることができます。

詳細情報
問い合わせ先
・太田市役所医療年金課
 太田市浜町2-35 TEL:0276-47-1941
・日本年金機構太田年金事務所
 太田市小舞木町262 TEL:0276-49-3716

▲このページの先頭へ