トップ > 組織・電話番号 > 健康医療部-健康づくり課 > お知らせ > ポリオワクチン接種のお知らせ

ポリオワクチン接種のお知らせ

ポリオワクチン接種について

不活化ポリオワクチンの4回目の接種(追加接種)について、臨床試験の結果、平成24年10月23日より接種可能となりました。

ポリオワクチンの接種は9/1より不活化ワクチンに切り替わっています。
内容についてはこちらをクリックしてください。 →→→ポリオの予防には、ポリオワクチンの接種が必要です。(厚生労働省ホームページ)

なお、太田市ではポリオワクチン接種を各保健センターで集団接種していましたが、国の方針に基づき9/1以降は生ポリオワクチンの集団接種は実施しておりません。
すでに配布されている「太田市くらし健康カレンダー」等の9月以降の集団接種の実施予定はありませんので、ご了承ください。

接種回数・方法・場所等が変わります。

対象となる方には8月末に予診票・説明書類などを個別通知いたしました。

○対象者:3か月以上7歳6か月に至るまでの間にあって、生ポリオワクチンの接種が1回または0回の方

○実施場所:太田市内実施医療機関にて個別接種
一覧をご覧になる方はこちらをクリックしてください→→→実施医療機関一覧 PDFファイル

○持ち物:「母子健康手帳」と「不活化ポリオ予防接種予診票」(8月末に郵送済)

○接種回数については下記の表をご覧ください。
こちらのパンフレットもご参照ください。→→→どうすればいいの?ポリオワクチン(厚生労働省ホームページ)

生ワクチン接種回数 不活化ワクチン接種回数 接種方法
0回 4回 20日から56日の間隔をおいて3回接種、
その後12か月から18か月の間隔をおいて1回接種
1回 3回 生ワクチン接種から27日以上の間隔をおいて
20日から56日の間隔をおいて2回接種、
その後12か月から18か月の間隔をあけて1回接種
2回 接種は必要ありません。

※4回目の接種(追加接種)は臨床試験の結果、平成24年10月23日より接種が可能となりました。

○ポリオとポリオワクチンの基礎知識についてはこちらをクリックしてください。→→→ポリオQ&A(厚生労働省ホームページ)

平成24年8月以降に生まれた方は

○四種混合ワクチンが、平成24年11月に導入予定です。

四種混合とは・・・ジフテリア・百日せき・破傷風・不活化ポリオワクチンの4種が混合されたワクチン(DPT-IPV)
(注)四種混合ワクチンが導入されるまでは、単独の不活化ポリオワクチンと、3種混合ワクチン(DPT)を接種してください。

※四種混合予防接種の対象者は、ポリオと三種混合の両方が未接種の方です。

▲このページの先頭へ