トップ > 組織・電話番号 > 健康医療部-国民健康保険課 > 70歳から74歳の国保加入者の方へ

70歳から74歳の国保加入者の方へ

 国保に加入している人が70歳になると、「高齢受給者証」が交付されます。誕生月の翌月(1日生まれの方は誕生月)から、国保の保険証と一緒に「高齢受給者証」を医療機関の窓口に提示してください。

※70歳になった月(1日生まれの方は前月)の月末に郵送します。

医療機関窓口での負担割合

1割(平成26年4月1日までに70歳の誕生日を迎えた方)
2割(平成26年4月2日以降に70歳の誕生日を迎える方)
3割(現役並み所得者)

負担割合は所得に応じて決定します。
同じ世帯の70歳から74歳までの国保加入者の住民税課税所得が
1.145万円未満の人は1割又は2割負担となります。
2.145万円以上の人が1人でもいる世帯(基礎控除後の所得の合計が210万円以下の世帯を除く(平成27年1月以降新たに70歳となる国保加入者の属する世帯から適用))は、3割負担となります。

ただし、上の判定方法により3割負担になっても、次の用件を満たす場合は申請により1割又は2割負担になります。
1.70歳から74歳までの国保加入者が世帯に1人の場合
  収入が383万円未満であること
2.70歳から74歳までの国保加入者が世帯に2人以上の場合
  収入合計が520万円未満であること

高齢受給者証は毎年8月が更新月となり、有効期限は8月1日~翌年の7月31日となります。(毎年8月に更新されますが、更新時期ではなくても世帯等に変動があればその翌月から負担区分が変更になる場合があります。)

▲このページの先頭へ