トップ > 組織・電話番号 > 産業環境部-環境政策課 > お知らせ > クビアカツヤカミキリに注意してください

クビアカツヤカミキリに注意してください

群馬県内の公園などでもクビアカツヤカミキリの発生が確認されました。太田市内での発生は確認されていませんが、今後発生が心配されます。

自宅や近所等で発生が疑われる場合は下記連絡先までご連絡ください。また、可能な範囲で写真等の撮影や、捕獲・捕殺してください。

kubiaka_seityu

クビアカツヤカミキリ(成虫)

クビアカツヤカミキリ基本情報
名称(和名) クビアカツヤカミキリ
原産地 中国、台湾、朝鮮半島、ベトナム
体長 体長22-38mm。体全体は光沢のある黒色。触角は体長と同じ長さもしくは若干長い。オスの方がメスより体はやや小さい。
特徴 体全体は光沢のある黒色。前胸(首部)が明赤色
生態 幼虫は樹木内で2~3年かけて成長し、さなぎになる。6月中旬~8月上旬頃に成虫となって樹木の外に出る。メスの成虫は、幹や主枝の樹皮の割れ目に産卵し、8~9日後にふ化する。成虫の寿命は2週間以上である。
被害樹木 サクラ、ウメ、モモ、カキ、ポプラなど
主な被害 幼虫は生木の内部を摂食し、食入・加害することで樹木を衰弱させる。被害を受けた樹木は、樹勢を弱めたり、枯死するおそれがある。

クビアカツヤカミキリの影響

  • 我が国の生態系に被害を及ぼすおそれのある外来種に指定されており、幼虫が木に食入・加害することで、被害木の枯死や落枝、倒木などの被害が発生するおそれがあります。

クビアカツヤカミキリの確認方法

(1)フラス

・幼虫が樹木の内部に侵入すると、木くずや排泄物からなる「フラス」を排出します。樹木の下などに大量に落ちています。

・クビアカツヤカミキリのフラスの特徴

 〇量が多く、色はさまざまです。

 〇基本的に棒状(かりんとう状)ですが、根元などから排出される場合、棒状にならない場合もあります。

 〇木くずは小さく幅広で、繊維状ではありません。

 〇木くずが多く、糞はあまり多くありません。

hurasu

棒状(かりんとう状)に排出されるフラス

(2)侵入孔

・被害木には「フラス」が出ている侵入孔があります。

・1本の樹木に複数の侵入孔がある場合があります。

・侵入孔は樹木の幹にあることが多いですが、太い枝にもある場合があります。

・クビアカツヤカミキリの侵入孔の特徴

 〇高さが150㎝前後の場所にあります。

 〇樹木が弱っている場合や、枝分かれしている部分などには、150㎝より高い場所に侵入孔ができることもあります。

関連情報

【群馬県ホームページ】クビアカツヤカミキリに注意してください(外部ホームページ)

▲このページの先頭へ