トップ > 組織・電話番号 > 産業環境部-環境政策課 > 北部運動公園太陽光発電システム

北部運動公園太陽光発電システム

北部運動公園太陽光発電システム

北部ソーラー 太田市北部運動公園に25.76kwの太陽光発電システムを設置し、2011年4月より発電を開始しました。

太田市が推進する次世代エネルギーパークの施設として、3種類の太陽電池モジュールを身近に見学することができます。

【設置されている太陽電池】
 ◆アモルファス微結晶タンデム型(5.2kw)
 ◆多結晶シリコン型(10.0kw)
 ◆CIS化合物型(10.56kw)

発電したクリーンな電気は北部運動公園内で利用し、余った電気は電力会社に売電することで、CO2排出量削減と電力需給ギャップの縮小に貢献しています。



▲このページの先頭へ