トップ > 組織・電話番号 > 産業環境部-環境政策課 > 光化学オキシダント(スモッグ)関連

光化学オキシダント(スモッグ)関連

光化学オキシダント(スモッグ)とは

 工場や事業場、自動車などから大気中に排出された窒素酸化物などが、太陽光線に含まれる紫外線により化学反応を起こし、「光化学オキシダント」と呼ばれる物質になります。
 光化学オキシダントは、夏の時期の、「日射が強く」「気温が高く」「風が弱い」などの気象条件が重なった場合に、大気中に滞留し高濃度となります。
高濃度の光化学オキシダントは、人(特に子ども)の目や呼吸器などを刺激して、健康被害が発生する場合があります。

光化学オキシダント注意報

 群馬県は、光化学オキシダントによる健康被害を防止するため、状況により注意報などを発令しています。なお、太田市については、群馬県東南部(伊勢崎市・太田市・館林市・佐波郡及び邑楽郡)に対するものとして発令されます。

注意報の発令

 群馬県は、光化学オキシダント濃度の1時間値が、「光化学オキシダント注意報」の発令基準である 0.12ppm 以上となり、且つ、気象条件からみて高濃度が継続すると判断した場合、大気汚染防止法の規定により、その地域に光化学オキシダント注意報を発令します。その際は、市町村や関係機関、保育園、幼稚園、学校施設などに群馬県より連絡が入ります。

注意報の解除

 発令後、光化学オキシダント濃度が低下して、1時間値が注意報の発令基準未満となったときや、日没を迎えたときは、群馬県により注意報が解除されます。
 このように、光化学オキシダント注意報の発令や解除などは、市ではなく群馬県が行います。

光化学オキシダントに関する発令区分と基準
発令区分 発令基準
注意報
光化学オキシダント濃度の1時間値が 0.12ppm 以上となり、
気象条件からみてその状況が継続すると認められるとき
警報
光化学オキシダント濃度の1時間値が 0.24ppm 以上となり、
気象条件からみてその状況が継続すると認められるとき
重大緊急報
光化学オキシダント濃度の1時間値が 0.4ppm 以上となり、
気象条件からみてその状況が継続すると認められるとき

※過去、群馬県内で警報・重大緊急報が発令されたことはありません。

光化学オキシダント情報の提供

 群馬県では、テレホンサービスとインターネットにより、光化学オキシダント注意報の発令情報などをお知らせしています。

 環境省では、インターネットにより、光化学オキシダント注意報の発令情報や光化学オキシダント測定濃度などをお知らせしています。

太田市では、FM放送により、光化学オキシダント注意報の発令情報をお知らせします。

  • エフエム太郎 76.7MHz

光化学オキシダント注意報が発令されたときは

 光化学オキシダントの健康被害は、主に子どもたちに発生します。被害を未然に防ぐため、次のことに注意してください。

  • 病弱な子どもや体調の悪い子どもは屋内で休ませる。
  • 屋外での過激な運動はなるべく避ける。
  • なるべく窓を閉める。

健康被害の症状

  • 目がチカチカする、目が痛い、涙が出る
  • 喉が痛い、せきが出る、息苦しい
  • 吐き気、頭痛

健康被害が発生したら

  • 屋内に避難し、目を洗い、うがいをする。
  • 手足のしびれがある場合や呼吸が困難な場合は、速やかに、医師の手当を受ける。

お問い合わせ

環境政策課環境対策係 電話:0276-47-1893

▲このページの先頭へ