トップ > 組織・電話番号 > 産業環境部-清掃事業課 > 雑がみの分け方と出し方

雑がみの分け方と出し方

「雑がみ」ってどのようなものですか?

 「雑がみ」とは一言で言うと、新聞・雑誌・段ボール・紙パック・紙製容器包装以外のリサイクルできる紙類のことです。いろいろな紙がありますが、それらをまとめて「雑がみ」といいます。
 ふだん、何気なくもえるごみとして捨ててしまっているメモ用紙や封筒、トイレットペーパーの芯などは、実はリサイクルすることができるのです。雑がみ一つひとつは小さなものですが、種類や廃棄する頻度が多いため、分別を徹底することで多くの資源を回収することができます。
 捨てる前にもう一度「資源」か「ごみ」か考えましょう。ごみを減らし、リサイクルを進めるため、雑がみ分別にご協力ください。

「雑がみ」はどうやって出せばいいのですか?

 チラシ(新聞折込チラシを除く)、パンフレット、カタログ、ノート、コピー紙、カレンダー、メモ用紙、トイレットペーパーの芯、はがき、封筒、名刺、値札などの雑がみは、雑誌に挟むか、一緒にしばってください。また、紙袋に入れて出すこともできます。(紙袋で出す時は、飛散防止のために口をホッチキスで留めるか、紐でしばってください。)
 ゴミ箱の横に「雑がみ」を入れる紙の袋を置くと分別しやすいです。出し方は各行政センターにあるリサイクル倉庫、もしくは行政区をはじめとする育成会、PTAなどの資源回収に出してください。(資源回収の際には、雑誌と一緒に出すことができます。)

「雑がみ」は何にリサイクルされるのですか?

 ダンボールの中芯やトイレットペーパーなど、様々な紙製品に生まれ変わります。

「雑がみ」としてリサイクルできない紙類があります!(ダンボールは出せません ご注意ください)

 シュレッダーで裁断した紙など、一見、リサイクルできそうな紙類の中には、紙製品の原料にならない禁忌品(きんきひん)があります。禁忌品を混ぜて排出してしまうと、せっかく分別して出した雑がみをリサイクルする妨げとなってしまいます。詳しくは下記の分別表をご覧ください。
 なお、ビニール、テープ、金属、プラスチックなどの「紙でないもの」と、ワックス加工、感熱紙などの「加工した紙」は出さないでください。また、調べてもわからないもの、迷ったけれど調べることができないものは、もえるごみに出していただいても構いません。できる範囲内で分別してください。


 

  雑がみとして出せる主なもの

   ○パンフレット

   ○カタログ

   ○お菓子の紙箱

   ○ティッシュの箱

   ○メモ用紙

   ○カレンダー

   ○トイレットペーパーの芯

   ○封筒

ただし、窓付き封筒やティッシュボックスはビニール部分は取り除いてください。カレンダーもビニールコーティングされているものや貼り合わせ式のはがきは「もえるごみ」で出してください。

また、雑がみの分別がしやすいように、紙袋に貼るパンフレットこのリンクは別ウィンドウで開きます を作成しましたのでご活用ください。

雑がみとして出せるもの・出せないものPDFファイル(99KB)

PDF形式のファイルをご利用になるためには、Adobe Readerが必要です。
Adobe ReaderはAdobe Systems社より無償で提供されています。
下のロゴをクリックしてダウンロードしてください。

アドビリーダーダウンロード

ごみ5%減量にご協力ください

▲このページの先頭へ