トップ > 組織・電話番号 > 都市政策部-都市計画課 > 景観行政の取り組み > 景観計画・景観条例届出対象行為の届出

景観計画・景観条例届出対象行為の届出

 この制度は、平成23年1月1日より施行された太田市景観条例に基づき、周辺の景観に大きな影響を与える大規模な建築物・工作物等の建築などの行為の際に、景観形成基準に適合するよう配慮し、太田市の美しいまちづくりに努めていただくものです。

届出の必要な区域

届出が必要な区域は、「市内全域」とします。

届出対象行為

詳細情報
対象 高さ15mまたは建築面積1,000平方メートルを超える建築物の建築や面積1,000平方メートルを超える土地の形質の変更など、太田市景観条例に定められた届出対象行為(※1)
期間 行為着手の30日前までに届出をして下さい。適合通知書発行までは申請日より1週間程度かかります
必要なもの(※2) 事前協議書又は届出書、景観チェックシート(※3)、添付図書各1部
手続きの手順 事前協議(※4)→届出書の提出→適合審査→適合通知書の交付→行為の着手→完了報告書(※5)の提出
その他 行為の内容を変更する場合や、行為を中止する場合はそれぞれ届出が必要になります

※1 届出対象行為は以下のとおりです
※2 提出書類の様式、添付図書一覧等は最下段にあります
※3 景観チェックシートは該当するシートのみを提出してください
※4 行為の届出の前、計画変更が可能な段階での事前協議をお願いします
※5 行為の完了後は、完了報告書の提出をお願いします

届出対象行為一覧 PDFファイル (140KB)

なお、届出制度の各手続きについては、「太田市景観計画届出の手引き」 (195KB)を参考にしてください

様式・添付図書一覧

景観チェックシートについて

景観チェックシートの表紙は全ての行為で提出が必要となります。

提出が必要な景観チェックシートの種類
行為の種類 提出が必要な景観チェックシートの種類
建築物や工作物※1の建築など A.土地利用の景観形成基準(いずれか1種類)
B.景観資源の景観形成基準(該当地やその周辺に景観資源がある場合のみ)※2
開発行為や土地の形質の変更 D.開発行為等
物件のたい積 E.物件のたい積

※1 工作物については、A・Bの景観チェックシートへの適合が困難な場合に限り「C.工作物」の景観チェックシートを用います。
※2 該当地やその周辺の景観資源の有無については、都市計画課にご確認をお願いします。

景観チェックシート様式

A.土地利用の景観形成基準

  • 田園景観 ワードファイル (87KB)(市街化調整区域及び非線引き地域)
    ※住宅地景観、商業地景観、工業地景観に該当する地域を除く
  • 住宅地景観 ワードファイル (89KB)(住宅系用途地域、準工業地域(太田リサーチパーク、太田流通団地を除く)、南ヶ丘住宅団地、やすらぎ団地、グリーンタウンいくしな)
  • 商業地景観 ワードファイル (83KB)(商業系用途地域)
  • 工業地景観 ワードファイル (80KB)(工業専用地域、工業地域、矢場工業団地、別所工業団地、藪塚工業団地、東金井工業団地、太田リサーチパーク、太田流通団地)

B.景観資源の景観形成基準

C.工作物 ワードファイル (53KB)

D.開発行為等・土地の形質の変更 ワードファイル (52KB)

E.物件のたい積 ワードファイル (50KB)

▲このページの先頭へ