トップ > 組織・電話番号 > 都市政策部-下水道整備課 > 汚水処理事業の概要と計画

汚水処理事業の概要と計画

汚水処理事業の概要について

 本市では、昭和41年度から公共下水道の建設に着手し、事業の推進拡充を図ってまいりました。現在は、市中心市街地を排水区とする単独公共下水道「中央第一・第二処理区」、また流域関連公共下水道として市東部地域を処理区とする「西邑楽処理区」、西部地域を処理区とする「新田処理区」および「佐波処理区」の4処理区で整備を進め、早期の普及率向上を目指しております。 

 汚水処理については、単独公共下水道区域は市内古戸町にある第一・第二浄化センター、流域関連公共下水道「西邑楽処理区」は邑楽郡千代田町にある西邑楽水質浄化センター、「新田処理区」は市内備前島町にある利根備前島水質浄化センター、「佐波処理区」は伊勢崎市境町にある平塚水質浄化センターで行なっております。

 このほかに、農業振興地域内集落の汚水を処理する農業集落排水処理施設、住宅団地の汚水を処理するコミュニティプラントがあります。

 平成18年度からは浄化槽市町村整備推進事業(市が浄化槽を設置・維持管理し、利用者は分担金と使用料を負担する)を開始し、現在は市内7地区(只上町一区、花香塚、大舘・出塚本村、下強戸、東金井町二区、市野井南杉、寺井)において事業を進めております。

 

汚水処理事業の概要と計画図 (平成23年度版)PDFファイル(1177KB)このリンクは別ウィンドウで開きます

※なお、整備状況等の詳細については窓口へお問い合わせください。

 

太田市アクションプランについて

 太田市アクションプランは、群馬県汚水処理計画(平成25年3月制定)に基づき、中期計画(平成34年時)と長期計画(整備完了時)の汚水処理施設の整備状況を示したものです。

 

太田市アクションプランPDFファイル(726KB)このリンクは別ウィンドウで開きます

▲このページの先頭へ