トップ > 組織・電話番号 > 都市政策部-下水道整備課 > 戸別浄化槽事業

戸別浄化槽事業

戸別浄化槽事業の概要

 この事業は、市が各ご家庭に浄化槽を設置し維持管理するものです。また、利用者には建設費の一部として分担金、維持管理費の一部として使用料を負担していただきます。

戸別浄化槽事業

※個人施工部分については、申請者が工事を発注し経費も負担していただきます。

※個人施工部分の工事は、太田市下水道排水設備指定工事店のみ実施できます。

太田市下水道排水設備指定工事店(市内)PDFファイル(174KB)このリンクは別ウィンドウで開きます

太田市下水道排水設備指定工事店(市外)PDFファイル(189KB)このリンクは別ウィンドウで開きます

事業区域

 只上町一区、花香塚、大舘・出塚本村、下強戸、東金井町二区、市野井南杉、寺井町

事業の流れ

戸別浄化槽 工事手続きに関するフロー(本体・宅内共通)PDFファイル(45KB)このリンクは別ウィンドウで開きます

経費の負担

<市が負担する主な経費>

(1)浄化槽設置工事に係る測量費および設計費

(2)浄化槽本体購入費および設置工事費

(3)浄化槽から放流先までの工事費

<利用者が負担する主な経費>

(1)分担金

 浄化槽を設置するために必要な工事費の一部を負担していただくものです。3ヵ年に分割(一括納付や繰上げ納付も可)して、口座振替または現金にて納付していただきます。

区分 分担金 区分 分担金 区分 分担金
5人槽 150,000円 11~15人槽 280,000円 26~30人槽 550,000円
6・7人槽 160,000円 16~20人槽 390,000円 31~40人槽 620,000円
8~10人槽 180,000円 21~25人槽 480,000円 41~50人槽 710,000円

(2)使用料

 水道に拠る使用料は、水道料金と一緒に納付していただきます。井戸水に拠る使用料は、別途納入通知書を送付いたします。(いずれも、2ヶ月に1回納付)

水道形態 使用料金
市上水道のみ 水道使用量(立方メートル)×101円(単価)+消費税
市上水道・井戸水併用

上水道分:水道使用量(立方メートル)×101円(単価)+消費税

井戸水分:1月あたり1世帯2人まで6立方メートル、1人増につき3立方メートル加算

井戸水のみ 1月あたり1世帯2人まで10立方メートル、1人増につき5立方メートル加算

(3)建物から浄化槽までの宅内配管整備費

(4)ブロワー用屋外コンセント設置費

(5)浄化槽を使用するための電気料金、水道料金および維持管理の水道料金

(6)その他、必要に応じて以下の費用が必要となります。

・単独浄化槽の場合は、取壊し撤去費用

・トイレが汲取り式の場合は、水洗化費用

・浄化槽設置箇所を駐車場と併用した場合は、補強に関する増額工事費用

・浄化槽設置の際に支障となる工作物、樹木や既存埋設管等の障害物移設・撤去費

・飲食店等の場合、油脂分離装置(グリーストラップ)設置費用ならびに維持管理費用

・その他、この事業に起因して生じる費用

既存浄化槽の寄附

 戸別浄化槽事業地区内で既に合併処理浄化槽を設置済の家庭について、市による今後の維持管理を希望される場合、浄化槽を市に寄附することにより、市が設置した浄化槽と同様に市が浄化槽の維持管理等を行うものです。

<寄附に関する注意事項>

(1)合併浄化槽のうち、以下の要件に当てはまるもののみ受入対象とします。(単独浄化槽は対象外です。)

・法定検査(7条検査もしくは11条検査)を受検しているもの。

・定期的な保守点検、清掃がなされているもの。

・合併浄化槽および付属機器、放流管等に不具合のないもの。

・放流ポンプ槽がある場合(ポンプ圧送の場合)は、ポンプが2台あり、交互運転を行っているもの。

(2)寄附の対象は、合併浄化槽およびその下流(放流管等)、ブロワーです。建物から浄化槽までの流入管等は、引き続き個人管理となります。

(3)寄附については無償引受けとなります。分担金は発生しません。

(4)寄附後は、浄化槽の保守点検等の費用として使用料が発生します。

様式集

戸別浄化槽事業・申請書ダウンロード

▲このページの先頭へ