トップ > 組織・電話番号 > 都市政策部-下水道施設課 > 受益者負担金について

受益者負担金について

受益者負担金制度とは

 下水道が整備されると、生活環境が向上し、快適で便利な暮らしとなります。しかし、道路や公園のような公共施設とは違い、下水道の恩恵を受けられるのは、下水道整備区域内に土地を所有する特定の人々に限られます。

 そのため、太田市では、国の規定に基づき、昭和47年より市条例にて受益者負担金制度を制定し、下水道の整備された区域内の方々から、整備事業費の一部を負担していただいています。

負担金の対象となる土地

 下水道が整備された区域内の土地が、受益者負担金の対象となります。

 下水道使用料とは別に、整備事業費の一部として一度だけ負担していただくものです。

負担金を納めていただく人(受益者)

 負担金を納めていただく人(受益者)は、土地の所有者または権利者(地上権者、質権者、使用借主、借地人)になります。

 権利者等が設定されている土地の場合には、お互いに相談の上、受益者を決定していただきます。

負担金の額

負担区の名称 負担金額(土地の面積に応じて金額が変わります)
第1負担区 1平方メートルあたり:350円
第2負担区 1平方メートルあたり:350円
負担区の名称 対象受益者 負担金額
第3負担区 個人(集合住宅、賃貸住宅、寮、貸店舗貸事務所その他自己の居住または、業務の用に供する建築物以外の建築物にかかわる受益者を除く) 138,000円 ※ただし、1を超える公共ますを設置する場合は、その超える公共ます1基あたり138,000円を乗じた額。
法人その他の団体 400平方メートルまでの土地については138,000円。400平方メートルを超える土地については、超える面積に1平方メートルあたり350円を乗じた額を138,000円に加えた額。
集合住宅などにかかる受益者

徴収猶予について

 土地の現況が、下表の場合、10年間の徴収猶予(支払いの延期)が可能です。

田 ・ 畑 ・ 山林 ・ 原野 ・ 池沼 ・ 雑種地 ・ 合併浄化槽を使用している宅地

 申請して10年後に、土地の現況に変わりがない場合には、徴収猶予を再延長することができます。

 しかし、途中で宅地化または下水道に接続する場合には、『猶予取り消し申請書』を提出していただいた後、負担金を納付していただきます。

▲このページの先頭へ