トップ > 組織・電話番号 > 行政事業部-土地開発公社 > 公社概要

公社概要

太田市土地開発公社概要

 太田市土地開発公社は、設立団体である太田市の行政施策にあわせ、地域の秩序ある整備と住民福祉の増進に寄与するため、公共用地の計画的な取得・管理および処分等を行っています。
 住宅団地の分譲では、平成14年度より分譲を開始した「Pal Town 城西の杜」は、たいへんご好評をいただき、販売区画も残りわずかになりました。
 工業団地の分譲では、平成22年6月に分譲を開始した「太田さくら工業団地」も、おかげさまをもちまして完売となり、現在は北関東自動車道「太田桐生インターチェンジ」から約2キロに位置する吉沢町、原宿町地内において「おおた渡良瀬産業団地」の造成事業を計画しております。
 平成30年3月には市内3箇所目の北関東自動車道インターチェンジとなる「(仮称)太田スマートインターチェンジ」の供用開始も予定されていることから、市内全域で利便性の高い土地活用ができるようになります。これからも幅広い要望に応えられるよう努めてまいります。

設立
昭和51年7月1日
出資団体
太田市(100%)
主要事業
公共用地、公有用地等の先行取得、宅地分譲
定款
財務状況

構成図

平成29年4月1日現在

組織図