トップ > 組織・電話番号 > 消防本部 > 通信指令課 > 119番緊急通報に係る「位置情報通知システム(統合型)」の運用開始について

119番緊急通報に係る「位置情報通知システム(統合型)」の運用開始について

平成22年4月1日から運用を開始します

(1)「位置情報通知システム(統合型)」の概要

 平成22年4月1日から、携帯電話・IP電話等及びNTT固定電話からの119番緊急通報に係る「位置情報通知システム(統合型)」の運用を開始します。

 「位置情報通知システム(統合型)」は、携帯電話・IP電話等からの119番通報の通報位置を通知する「位置情報通知システム」とNTT固定電話からの119番通報の通報位置を通知する「新発信地表示システム」を統合した新しいシステムです。

 このシステムでは、携帯電話・IP電話等及びNTT固定電話からの119番通報において、音声通話と併せて通報者の発信位置に関する情報が消防本部通信指令室に通知され、指令台の電子地図上に表示することが可能となります。
 (以前は、携帯電話・IP電話等からの119番通報のみ発信位置情報が表示可能でした。)

(2)対象となる電話と通知される位置情報等

対象となる電話 通知される位置情報等
第3世代携帯電話(※1) 携帯電話番号並びに
位置情報(緯度・経度)を地図上に表示(※2)
IP電話及び固定電話等
(電話番号が050で始まる電話サービスは除く)
電話番号並びに
契約者住所・氏名を地図上に表示

※1 第3世代の携帯電話は、NTTドコモ、auWIN、ソフトバンク3G等です。対応となる機種やGPS(全地球測位システム)対応機種については、お使いの携帯電話の各通信事業者にお問い合わせください。

※2 119番通報を受信した基地局の所在地等から算出された位置情報が通知されますが、GPS対応機種については、より精度の高い測位情報が通知されます。位置情報の精度については、地下街、建物の中、電車や自動車の中等で、電波の状況により、位置情報の誤差が大きくなる場合があります。

(3)口頭による情報伝達について

 電話の機能や地理的条件等により位置情報が十分に確認できないことがありますので、119番通報に際しては、これまでどおり口頭で住所等通報位置や目印となる目標物を確認させていただきます。

(4)「184」を付加した通報について

 「184」が付加された発信者番号非通知の場合は、位置情報が指令台に通知されません。ただし、この場合でも、緊急に位置情報が必要であると判断したとき(人の生命、身体等に差し迫った危険があると認められ、通報内容から直ちに位置情報を知ることができないとき)には、強制的に位置情報を取得することがあります。

位置情報通知システム(統合型)の運用を開始します

▲このページの先頭へ