トップ > 組織・電話番号 > 教育委員会-教育総務課 > 太田市笹川清奨学基金の案内

太田市笹川清奨学基金の案内

平成30年度太田市笹川清奨学基金の申請については、平成30年1月4日(木)から2月13日(火)までの期間に教育総務課にて受付します。(土曜、日曜、祝日は除く)

この制度は、優秀な生徒であって経済的理由により修学困難な人に対し、学費を補助することにより有為の人材を育成し、社会に貢献することを目的とした補助制度です。
奨学金の給付には審査があります。申請者の全員が必ず採用されるとは限りません。
市税(市県民税・固定資産税・国保税)等の納付状況を確認させていただきます。

申請資格

奨学金の給付を受けようとする人は、次の1.から3.のいずれにも該当し出身学校長または在学学校長が適当と認め推薦した者。

  1. 日本国籍を有して太田市に1年以上居住し、公立学校に入学する人または在学している人(高等専門学校は除く)
  2. 学力優秀、品行方正な人
  3. 交通災害による遺児または母子家庭の子どもであって経済的理由により修学困難な人または学費支出の困難な世帯の子ども

募集人員(予定)

高校生 2名以内

給付条件

給付金額 高校生 年額100,000円
給付期間 入学または在学する学校の正規の修学期間
返還 この奨学金は返還を必要としません。
支払月 口座振込で年6回
※6月(4,5月分)、7月(6,7月分)、8月(8,9月分)、10月(10,11月分)、12月(12,1月分)、2月(2,3月分)
連帯保証人 2名
(原則として太田市に居住し、独立の生計を営む成年者)
※申請に連帯保証人2名が必要

申請方法

(1)申請期間:1月4日(木)~2月13日(火)まで(土曜・日曜・祝日を除く)午前9時~午後5時まで
(2)申請場所:教育総務課(尾島庁舎2階)
(3)申請書類等:申請する人(出願者)は次の1.から4.の書類に必要事項を記入して、5.から8.の関係書類を添えてお申込みください。

 1.太田市笹川清奨学資金補助申請書 様式第1号(97KB)  

 2.奨学生推せん書 様式第2号(113KB)
  ※申請の際、現に在学する学校等の修業期間における学資として申請する場合は、これに代えて学業証明書
  ※成績は第2学期または前期のものを含んだものとします。

 3.身上明細書 様式第3号(107KB)

 4.申請者世帯の市税等納付確認書(97KB)

 5.戸籍謄本及び住民票(家族全員(本籍、続柄の記載があるもの))各1通
  ※市役所市民課、または各行政センター(太田行政センターは除く)、および各サービスセンターで発行。

 6.所得証明書(家族内で収入がある人全員、ないときは所得なしの証明書)
  ※源泉徴収票でなく所得証明書(平成29年度(平成28年分))をお願いします。

 7.資産証明書(家族内で資産がある人全員、ないときは資産なしの証明書)
  ※6については市民税課、7については資産税課(どちらも市役所2階)または、6・7とも各行政センター(太田行政センターは除く)
    および各サービスセンターで発行。(ただし、資産なしの証明書は資産税課のみ発行)

 8.在学証明書及び成績証明書
  ※高校に在学中で新たに申請する人の場合。現学年の2学期の成績が含まれたものとします。

 9.給付審査のため、上記他の書類が必要になる場合があります。

給付決定等

太田市笹川清奨学基金奨学生選考委員会に諮り採否を決定し、その結果を4月中旬に通知します。

申請書の記入上の注意

◎「奨学生推せん書(様式第2号)」の成績記入欄について

  1. 学業成績記入欄は、教科、科目が多いため各中学校・高等学校で定められた「成績証明書」に代えて申請しても可能です。
  2. 行動・性格欄は、中学校・高等学校とも「指導要録」等と同様に記入しても可能です。記入方法についての規定はありませんので、秀でたものに○をつける、ABCで記入するなどお願いします。

◎「身上明細書(様式第3号)」について

  1. 家族の状況は、生計を一にする人について同居、別居を問わず全員記入してください。別居で独立の生計を営む兄弟姉妹や、生計を一にしない祖父母等および死亡者等については記入不要です。
  2. 職業、在職年数、勤務先、役職等は勤務先を有する勤労者のみ記入してください。自営業の場合は、その業種を勤務先役職欄に記入してください。

問い合わせ

太田市教育委員会 教育総務課(尾島庁舎内) 電話:0276-20-7080
〒370-0495 太田市粕川町520番地

▲このページの先頭へ