トップ > 組織・電話番号 > 教育委員会-教育総務課 > 太田市奨学金の案内

太田市奨学金の案内

平成30年度太田市奨学金の申請については、平成30年2月13日(火)をもって受付を終了しました。

この制度は、進学等の意欲と能力がありながら経済的理由によって、高校および大学等への進学等が困難な者に対し、予算の範囲内において奨学金を貸与し、有用な人材を育成することを目的としています。
この奨学金は、無利子で貸与しますが、必ず全額返還していただくものです。
貸与にあたっては審査があります。
申請資格者が全員、奨学金の貸与に採用されるわけではありません。
市税(市県民税・固定資産税・国保税)等の納付状況を確認させていただきます。

申請資格

奨学金の貸与を受けようとする人は、次の1.から4.のいずれにも該当する人。

  1. 学校教育法(昭和22年法律第26号)に規定する高等学校(中等教育学校の後期課程および特別支援学校の高等部を含む。以下同じ。)、大学(短期大学を含む。以下同じ。)、大学院、高等専門学校又は専修学校に入学する人または、在学していること。
  2. 市内に住所を有する者の子、その他これに準ずる者。
  3. 品行方正で学力優秀であること。
  4. 経済的理由により修学困難な人。

貸与条件

貸与金額 高校生、高等専門学校生、専修学校生(高等課程) 月額13,000円

短大・大学生・大学院生、専修学校生(専門課程) 月額33,000円
貸与期間 入学または在学する学校の正規の修業期間
返還方法 学校卒業後(貸与が終了した月から)の翌月から起算して1年を経過した後、貸与を受けていた2倍に相当する期間内
支払月 口座振込で年4回

※6月(4,5,6月分)、7月(7,8,9月分)、10月(10,11,12月分)、1月(1,2,3月分)
連帯保証人 2人
連帯保証人のうち1人については、申請者が未成年の場合、親権者(親権者がいない場合は未成年後見人)とし、
成年者の場合、その父又は母(父母がいない場合、おじおば・兄弟姉妹等の3親等以内の親族)を連帯保証人とする。
他の1人は日本国内に住所を有する成年者とする。
また、2人とも教育委員会が適当と認めた者とする。
※2人のうち1人は、前年度市民税額が均等割以上の賦課の決定を受けた者。

貸与決定等

太田市奨学生選考委員会に諮り採否を決定し、その結果を4月中旬に通知します。

返還猶予

病気、その他正当な理由により奨学金の返還が困難な人については、届出により相当期間その返還期間が猶予されます。

問い合わせ

太田市教育委員会 教育総務課(尾島庁舎内) 電話:0276-20-7080
〒370-0495 太田市粕川町520番地

▲このページの先頭へ