トップ > 組織・電話番号 > 福祉こども部-こども課 > お知らせ > 保育士修学資金貸付事業・保育士奨学金返済支援事業

保育士修学資金貸付事業・保育士奨学金返済支援事業

 保育士修学資金貸付事業

目 的

この修学資金貸付制度は、指定保育士養成施設*1に今年度入学し、現在も修学している方で、かつ、太田市内に住所を有する方を対象に実施するものです。
 この制度は、太田市内の保育所・認定こども園等(以下「保育所・認定こども園等」*2という)の保育士の人材確保が目的ですので、卒業後、保育士の業務以外の職種に就く予定の方は、この貸付制度を利用することができません。
 なお、卒業後、太田市内の保育所・認定こども園等で引き続き5年間保育士の業務に従事した場合は、修学資金の返還を全額免除します。

 

*1 指定保育士養成施設:児童福祉法18条の6第1号に規定する指定保育士養成施設であって、通信制によるものを除く。
*2 保育所・認定こども園等:児童福祉法第39条第1項に規定する保育所、いわゆる認定こども園法第2条第6項に規定する認定こども園、児童福祉法第6条の3第10項に規定する小規模保育事業所のうちA型及びB型、同第12項に規定する事業所内保育施設(市の認可施設)

 概 要 -太田市保育士修学資金貸付制度のご案内-PDFファイル(204KB)

  • 貸付対象者  

    次に掲げる要件のいずれにも該当する者

    (1)平成29年度に入学し、現時点で指定保育士養成施設に在学している方

    (2)養成施設卒業後、太田市内の保育所・認定こども園等において保育士として勤務する意思を有する方

    (3)太田市内に居住し、太田市内に住民登録がある方

    (4)本人および本人と同一の世帯員に、市税や市の収入(市民税、軽自税、固定資産税、国保税、保育料、給食費、市営住宅家賃等)に滞納がないこと。

  • 貸付内容

    貸付額

    月額3万円

    利子

    無利子

    貸付期間

    在学する指定保育士養成施設の修学期間で最長2年間

    連帯保証人

    1名
    (独立して生計を営む者。修学生が未成年者である場合は、法定代理人である保護者等とする。ただし、その保護者等に資力がない場合は、別にもう1人連帯保証人が必要)

    停止

    【貸付金の停止事由】
    (1)休学したとき
    (2)停学処分を受けたとき

    取り消し

    【貸付金の取り消し事由】
    (1)貸付要件に該当しなくなったとき
    (2)修学資金の貸付けを受けることを辞退したとき
    (3)偽り、その他不正な手段により修学資金の貸付を受けたとき

    返還

    【貸付金の返還事由】
    (1)貸付期間が満了又は、修学生が卒業したとき
    (2)修学資金の貸付が取り消されたとき

    返還の猶予

    【返還金の猶予事由】
    (1)貸付期間が満了した後も引き続き指定保育士養成施設に在学しているとき(4年大学で1、2年生時に貸付金を受けた場合を想定)
    (2)保育士養成施設を卒業し、直ちに太田市内の保育所・認定こども園等に勤務しているとき

    返還の免除

    【返還の免除事由】
    (1)卒業後、直ちに太田市内の保育所・認定こども園等に保育士等として、引き続き5年間以上勤務したとき・パートタイムでも、勤務条件として、1日6時間以上かつ月20日以上勤務する場合は該当となります。
    (2)返還の猶予期間中に死亡したとき
    (3)卒業後、直ちに太田市内の保育所・認定こども園等に保育士等として、引き続き2年間以上勤務し、その後特別な事情で退職したときは、修学資金の一部の返還を免除することができる
    (※ 本人の都合や本人の責による事由により免職されたときなどは非該当)

  • 募集人員  20名 (定員を超えた場合は選考となります)
  • 募集期間  平成29年5月17日(水)から6月16日(金)
  • 申込方法 修学資金の貸付を受けようとする方は、次に掲げる書類を提出してください
  1. 保育士修学資金貸付申請書(様式第1号) wordファイル ワードファイル(45KB) PDFファイルPDFファイル(100KB)
  2. 在学する保育士養成施設の推薦書(様式第2号) wordファイルワードファイル(43KB) PDFファイルPDFファイル(66KB)
  3. その他市長が必要と認める書類 

    ア 申し込みの理由・動機(様式は任意で結構です。400字程度。)

    イ 前年度(平成29年度)の所得課税証明書(生計を一にする家族分)

 

※ 生計を一にする家族とは、「扶養者」と「その扶養者が扶養している家族」となります。申込者が扶養されている場合、「扶養者」、「申込者」、「扶養者が申込者以外に扶養している家族」となります。

※ なお、平成29年度所得課税証明書ですが、平成29年1月1日現在で太田市に住所を有している方については、様式第1号の下段①個人情報等の提供に当たっての署名欄に同意のある方は、市で確認をしますので、証明書は不要です。

  •  貸付決定 平成29年9月頃(見込み)に修学資金貸付可否の決定通知書をお送りします。貸付決定となった方は、所定の手続きがありますので、併せてご案内します。

 

 

 保育士奨学金返済支援事業

 目 的

 この保育士奨学金支援制度は、太田市内に住所を有し、奨学金を返済しながら市内の保育所・認定こども園等に勤務している方を対象に、返済額の50%(以内)を補助するものです。
 この制度は、太田市内の保育所・認定こども園等(以下「保育所・認定こども園等」*1という)の保育士の人材確保が目的ですので、年度の途中で退職する方はこの制度を利用することができません。 

*1 保育所・認定こども園等:児童福祉法第39条第1項に規定する保育所、いわゆる認定こども園法第2条第6項に規定する認定こども園、児童福祉法第6条の3第10項に規定する小規模保育事業所のうちA型及びB型、同第12項に規定する事業所内保育施設(市の認可施設)

概 要 -太田市保育士奨学金返済支援制度のご案内-PDFファイル(170KB)

  • 助成対象者   

    次に掲げる要件のいずれにも該当する者

    (1)太田市内に居住し、太田市内に住民登録がある方

    (2)本人に、市税や市の収入(市民税、軽自税、固定資産税、国保税、保育料、給食費、市営住宅家賃等)に滞納がないこと。

    (3)市内の保育所・認定こども園等に常勤として勤務していること。

    (4)奨学金を利用して保育士資格を取得し、自ら返済していること。

    (5)類似の補助制度を受けていないこと。

  • 助成内容

    補助対象奨学金

    太田市奨学金、ソニック・大雄建設奨学資金、日本学生支援機構奨学金(第一種、第二種)、母子父子寡婦福祉資金貸付金、あしなが育英会、交通遺児育英会奨学金、生活福祉資金貸付事業 他

    補助対象額

    4月から3月までに自ら返済した額

    補助率

    返済額の50%以内(1円未満切り捨て)

    補助額

    年12万円以内

    補助年数

    継続して3年以内

  • 募集期間  平成29年5月17日(水)から6月16日(金)

  • 申込方法 奨学金返済支援補助金を受けようとする方は、次の書類を提出してください

  1. 保育士奨学金返済支援事業補助金交付申請書兼返済計画書(様式第1号) wordファイルワードファイル(27KB) PDFファイルPDFファイル(93KB)

  2. 雇用証明書(様式第2号) wordファイルワードファイル(28KB) PDFファイルPDFファイル(69KB)

  3. 奨学金の貸与を証明する資料  ※任意様式 奨学金貸与証明PDFファイル(91KB)

  4. 保育士証の写し

  • 交付決定  平成29年9月頃(見込み)に補助金交付決定通知書をお送りします。

▲このページの先頭へ