トップ > 組織・電話番号 > 福祉こども部-こども課 > 入園料・保育料の一部を補助する制度があります。

入園料・保育料の一部を補助する制度があります。

幼稚園就園奨励費補助事業について

 太田市では、幼稚園教育の一層の普及充実を図ることを目的に、子どもを幼稚園に通園させているご家庭の、保育料等の支払いによる経済的負担を軽減するため、国の補助を受けて幼稚園就園奨励費補助制度を実施します。

1 補助金を受けられる方

 太田市に住所(住民登録)があり、私立幼稚園に子どもを通園させている世帯で、納入する市民税が、非課税または均等割のみの世帯および所得割課税額が下の区分に該当する世帯に対し補助します。
 転入、転出の場合は、園児が太田市に住民登録していた期間のみが補助の対象となります。

2 補助金の対象基準と金額

補助対象基準は父母の市民税所得割額の合計額、または、その他に税法上園児を扶養している方(祖父母等)がいる場合は、父母と税法上扶養者の所得割額の合計額です。
 補助金額は、保護者の方が実際に負担した「保育料」の合計額の範囲内で年額補助金を支給します。年間の保育料と入園料の合計額が下の区分に定める補助限度額に満たない場合は、年間の保育料と入園料の合計額を支給します。
※検定料、給食費、教材費、施設費等の諸経費は就園奨励費補助金の対象となりません。

≪注意点と補助金の算定例≫
補助限度額は、補助の限度額を示したもので、補助する金額を示したものではありません。そのため、補助限度額が支給されない場合がありますのでご注意ください。特に、第2子・第3子に該当した場合に注意が必要です。
(例)4歳児で第3子に該当(補助限度額は308,000円)
  ・入園料0円、保育料(月額)18,000円、教材費1,500円、施設費3,000円の場合
<補助金額の算定>
  ・就園奨励費補助金の対象となる費用は、「保育料」
  ・入園料+保育料(年額)の合計
   18,000円×12=216,000円<補助限度額 308,000円 
 ※入園料・保育料の合計が補助限度額を下回るため補助金額は、216,000円となります。
  (教材費1,500円×12=18,000円、施設費3,000円×12=36,000円の合計54,000円は就園奨励費補助金の対象になりません。)
Ⅰ.補助金限度額
区分 補助限度額   (円)
第1子 第2子 第3子
(1) 生活保護の規定による保護を受けている世帯 308,000
(2) 市民税非課税の世帯 272,000 308,000 308,000
(3) 市民税所得割非課税の世帯
(4) 市民税の所得割課税の額が77,100円以下の世帯 139,200 223,000 308,000
(5) 市民税の所得割課税の額が77,101円以上211,200円以下の世帯 62,200 185,000 308,000
(6) 市民税の所得割課税の額が211,200円を超える世帯 154,000 308,000

 

多子軽減の適用条件(第1子~3子の数え方について)

1:区分(1)~(4)の世帯については、多子計算の算定対象である兄姉の年齢制限を撤廃し、年齢にかかわらず、多子計算の算定対象とします。ただし、保護者と生計を一にする者とします。(上のお子さんの年齢に関係なく、第○子のカウント)
2:区分(5)(6)の世帯については、従前どおり小学校3年生までの兄姉の数に応じて負担軽減を図ります。(上のお子さんは小学校3年生まで、第○子のカウント)

【例1】所得割額50,000円の場合(4)

【例2】所得割額100,000円の場合(5)

小学校 5年

幼稚園 年中(第2子)

小学校 3年

幼稚園 年中(第2子)

幼稚園 年少(第3子)

Ⅱ.ひとり親世帯等の補助金限度額(特例)
区分 補助限度額
第1子 第2子 第3子
(2) 当該年度の市民税が非課税となる世帯 308,000 308,000 308,000
(3) 当該年度の市民税の所得割額が非課税となる世帯
(4) 当該年度の市民税の所得割額が77,100円以下の世態 272,000 308,000 308,000

○ひとり親世帯、在宅障害児(者)のいる世帯で(2)~(4)に該当する場合は、この表を適用します。

☆住宅借入金等特別税額控除を受けている方へ
 平成11年から平成18年まで、又は平成21年1月1日から平成29年12月31日までの入居者を対象に、所得税で控除しきれない住宅借入金等特別税額控除を市民税所得割額からも控除できるようになりました。幼稚園就園奨励費の補助金額は、この市民税住宅借入金等特別税額控除を適用する前の市民税所得割額で判定します。

3 申込みの手続き(手続きは幼稚園を通じて行います。)

幼稚園から配付される「保育料等減免措置に関する調書」に必要事項を記入、押印(シャチハタ印不可)のうえ、市民税等の証明書類を添付し、幼稚園の指定する日までに幼稚園へ提出してください。

太田市私立幼稚園入園料補助金交付について

太田市では、幼児教育の振興を図ることを目的に、幼稚園に入園する保護者に対し入園料補助金を交付することにより、保護者負担を軽減するため、私立幼稚園入園料補助金交付制度を実施します。

1.対象となる世帯および交付額

  • 対象となる世帯
    子どもを私立幼稚園及び幼稚園に準ずる施設として市長が認めた施設に入園させる保護者で、入園の日に太田市内に住所(住民登録)があるか、入園の日から1か月以内に太田市に住民登録をした保護者を対象とします。
  • 支給額
    補助金の額は、10,000円とし太田市金券で支給します。
  • 支給の時期
    入園の時期により、下記のようになります。
        4月1日~5月1日の入園者        6月末日までに支給
        5月2日~9月30日の入園者      10月末日までに支給
       10月1日~翌年3月1日の入園者      3月末日までに支給
        3月2日以降の入園は、対象になりません。 

2.申請手続
  補助金の交付を希望する方は、別紙「交付申請書兼委任状」に記入・押印の上、幼稚園に提出して下さい。

3.認定と却下
  交付の可否の認定は、太田市が行ないます。交付対象となった場合は、各幼稚園を通じて太田市金券を交付いたします。交付の対象とならない場合は、各幼稚園を通じてご家庭宛に却下通知を送ります。

*注意事項

  • 転園により入園料を2回以上支払った場合も、同一年度内については、一回に限り支給します。
  • 市税の滞納のある世帯は、補助金を受けられない場合がありますので、すみやかに納付して下さるようお願いします。

太田市私立幼稚園第3子以降保育料免除(助成)事業

太田市では、私立幼稚園に登園している園児が第3子以降に該当する場合、「太田市第3子以降子育て支援事業」により保育料が免除(助成)される場合があります。
詳しくはこちらをクリック。

▲このページの先頭へ