トップ > 組織・電話番号 > 福祉こども部-こども課 > 児童虐待はこどもに対する重大な人権侵害です

児童虐待はこどもに対する重大な人権侵害です

しつけと思っていても子ども自身が苦痛を感じるならば虐待です。
 虐待はこどもの体だけではなく、心に深い傷を残します。子どもを虐待から救うことは何よりも、優先されなければなりません。

  • 子どもの泣き声や、叫び声が頻繁に聞こえてくる。
  • 衣服が汚れ、身体が不潔なままである。
  • いつもお腹をすかせている。
  • 顔・からだにあざや傷あとがある。
  • 昼間・夜間一人で外にいる。

このような場合は、虐待の疑いがあります。
 「もしかして虐待?」と思ったら、すぐに連絡をして下さい。連絡者については秘密は守られますので、安心してください。

問い合わせ

こども課子育て相談係(電話0276-47-1911)または、東部児童相談所(電話0276-31-3721)へ

▲このページの先頭へ