トップ > 組織・電話番号 > 福祉こども部-こども課 > 利用者負担額(保育料)について

利用者負担額(保育料)について

4月から8月までは前年度市町村民税額により、9月から翌年3月までは当年度市町村民税額により、利用者負担額(保育料)を決定します。

利用者負担額(保育料)算定基準について
 利用者負担額(保育料)については、基本的に入園児童の父母の市町村民税額を合算して算定いたしますが、次に該当する場合は祖父または祖母の市町村民税額も合算して算定いたしますのでご了承ください。
1 祖父または祖母が入園児童を市町村民税の扶養親族としている場合
2 祖父または祖母が入園児童を健康保険等の扶養家族としている場合
3 入園児童の父母が行方不明の場合
4 母子(父子)世帯で祖父母と同居している場合(住所が同一および生計同一も含む)
 子どもが一人・・・母(父)の収入が110万円以下かつ市町村民税非課税の場合
 子どもが二人以上・・・母(父)の収入が130万円以下かつ市町村民税非課税の場合
5 父母世帯で祖父母と同居している場合(住所が同一および生計同一含む)
 子どもが一人・・・父母の収入が160万円以下かつ市町村民税非課税の場合
 子どもが二人以上・・・父母の収入が180万円以下かつ市町村民税非課税の場合

婚姻によらないひとり親の寡婦(夫)控除のみなし適用について

対象者:「婚姻によらずにひとり親となった方」のうち、利用者負担額(保育料)が発生している方
※既に利用者負担額(保育料)が無料の方や免除されている方、市町村民税が非課税の方、離婚歴のある方は申請の対象外です。
※対象者は利用者負担額決定通知が届いた後に申請をしてください。
※寡婦(夫)控除のみなし適用を行っても利用者負担額が減免されない場合があります。
申請書類 利用者負担額減免申請書(窓口にあります。印鑑を持参してください)
添付書類(申請に必要な書類) ①児童扶養手当受給資格者証
                     ②子どもの戸籍謄本 (①の資格者証がなく市外に本籍のある方)

▲このページの先頭へ