トップ > 組織・電話番号 > 教育委員会-青少年課 > 太田市サイエンスアカデミー

太田市サイエンスアカデミー

平成30年度 第8回太田市サイエンスアカデミーについて

ものづくりの町太田の児童がサイエンス(科学)に興味や関心を高め、明日の太田を支える人材の育成を図ることを目的として、太田市サイエンスアカデミーが開講されます。
対象者:太田市在住または在学の小学5、6年
受講者数:70名
開校期間:平成30年6月22日(金)〜12月15日(土)
(月2回程度、基本的に金曜日18時30分〜20時00。講師や施設等の都合により、日中の時間帯での講座や金曜以外の講座も有り)
※平成30年度の募集は締め切りました。
問い合わせ先:電話0276-20-7082、太田市教育委員会青少年課青少年教育係

平成29年度の様子

平成29年度は市内在住在学の小学5年生・6年生を対象に受講生を募集し、2クラス合計65名の受講生が6月から11月まで全10回の講座を受講し、成果発表会を実施しました。
毎回違ったテーマで、年間を通し様々な分野の科学に触れて学んでいる子どもたちの様子をご覧ください。

開講式

開講式の様子。清水市長や澁澤教育長から、将来の太田市を背負っていく人間になってくださいとのお話がありました。

永久コマ作り

「永久コマ作り」。実際に永久に回るコマを作って、電池や磁石について学習しました。

紙ヘリコプターの滞空時間は?

「紙ヘリコプターの滞空時間は?」群馬大学関理工学部長が、紙の形や重さを変えて実験して、滞空時間が変わる事を学習しました。

工場見学

「ハイブリッドクリーンセンター工場見学」より。廃棄物として搬入されたものが、無害化されて建設用資材(人工砂)として生まれ変わる工程を見学させていただきました。

粉を固める実験

粉を固める実験。薬の錠剤をつくる器具を使い、金づちで圧力をかけて粉を錠剤のように固める実験をしました。また、粉に水分を加えると粉の粒の反発力がなくなり少しの圧力で粉を固めて錠剤ができる実験も行い、粉の性質と水の役割について知ることができました。

公開講座

「土星探査機カッシーニの冒険」と題して、ぐんま天文台の講師を招いて公開講座を実施しました。宇宙の不思議について学習しました。受講生から多くの質問がありました。

プログラムでロボットを動かそう

「プログラムでロボットを動かすには?」より。小さくてかわいいロボットが大人気。皆、上手にロボットを動かすことができました。

パワーポイントで資料作成

「パワーポイントで発表資料作成」より。パソコンで、成果発表会の資料を作りました。先生や学生さんが優しく教えてくれたので、データをUSBに保存できました。

修了見学(栃木県子ども総合科学館)

修了見学。29年度のサイエンスアカデミー最終講座として、栃木県子ども総合科学館に見学に行きました。科学館では科学の実験ショーやプラネタリウムの鑑賞をしました。多くの科学に触れることができました。

閉講式

無事にすべての講座が終わりました。閉講式での受講生から澁澤教育長へ、受講生代表謝辞の様子。

成果発表会1

成果発表会では、教えてくれた群馬大学教授や満席の保護者、そして一緒に勉強してきた受講生の前で、自分の作った資料をパソコンを使って一人ずつ発表しました。

成果発表会2

成果発表会が終わりました。群馬大学関理工学部長から、心のこもった講評をいただきました。

▲このページの先頭へ