トップ > 組織・電話番号 > 教育委員会-文化財課 > 太田市の文化財 > 木崎宿の色地蔵

木崎宿の色地蔵

木崎宿の色地蔵  「木崎下町の三方の辻に、お立ちなされし石地蔵様は、男通ればニコニコ笑い、女通れば石持て投げる、これがヤー本当の、色地蔵様だがヤー。」
 木崎音頭(八木節の元歌と伝えられる)の歌詞は数種類ありますが、末尾には必ずこの部分が付いています。この一節に唄われている色地蔵様がこの石地蔵尊です。石地蔵尊は高さ73cmで、頭部は破損しています。同所にある照光山長命寺(高野山真言宗)の門前右にある、カヤ葺きの小さなお堂に安置されています。
 台座には銘文が刻まれ、寛延3年(1750)に建立され、風邪のはやる季節に亡くなった子供達の霊をなぐさめ、子供達の成育を祈願して建立した「子育地蔵」であったことが分かります。ところが、江戸時代の木崎宿には飯売女がたくさんいて、彼女達は前借制年季奉公で遠出が制限されていたため、宿はずれの本地蔵様に参詣して、心の安らぎを得たのです。こうして数多くの色街の女(飯売女)が訪れたことから、何時の間にか「色地蔵様」と呼ばれるようになって、木崎音頭にも唄われるようになったのです。
【台座銘文】

 寛延三年庚午霜月日木崎下町

        施主 茂木  長吉

            斉藤 □郎八

  寒念佛供養 多久和 次郎□

            幸池  茂七

            小嶋 伊勢松

          惣子位


指定区分
市指定重要文化財[建造物(石造物)]
指定年月日
平成12年4月6日
合併に伴い、平成17年3月28日に改めて
新市の文化財として指定されました
所在地
太田市新田木崎町1063-1

▲このページの先頭へ