トップ > 組織・電話番号 > 教育委員会-文化財課 > 太田市の文化財 > 生品神社の刀剣

生品神社の刀剣

生品神社の刀  生品神社に奉納された2振の刀剣(とうけん)です。1振は刀(写真上)で、長さ79.4cm、反りは3.1cmあります。茎(なかご)には「兼善(かねよし)」という銘があります(写真下)。もう1振は太刀で、長さ84.5cm、反りは3.0cmあります。銘はありません。神社に奉納された時期や経緯は分かりませんが、いずれの刀剣も室町時代の製作と考えられます。また、指定した以外に江戸時代と推定される刀が1振奉納されています。

生品神社の概要と関連する指定文化財一覧

生品神社の刀(銘:兼善)

指定区分
市指定重要文化財[工芸品]
指定年月日
平成12年4月6日
合併に伴い、平成17年3月28日に改めて
新市の文化財として指定されました

所在地
太田市世良田町3113-9(新田荘歴史資料館寄託)

▲このページの先頭へ