トップ > 組織・電話番号 > 教育委員会-文化財課 > 太田市の文化財 > 新田荘遺跡(長楽寺境内)

新田荘遺跡(長楽寺境内)

長楽寺境内  世良田山真言院長楽寺(せらださんしんごんいんちょうらくじ)は、新田氏の祖新田義重(にったよししげ)の子、徳川(新田)義季(よしすえ)を開基とし、日本臨済宗の祖栄西の高弟栄朝(えいちょう)を開山として、承久3年(1221)に創建された「東関最初禅窟(とうかんさいしょぜんくつ)」です。
 鎌倉時代は、約6万坪の境内に塔頭寺院(たっちゅうじいん)が軒を並べ、多くの学僧が兼学修行に励んだといわれます。室町時代の初期に日本五山十刹(ござんじっせつ)の制度が成立すると、長楽寺は十刹の第7位になりました。しかし、新田氏の衰退とともに長楽寺も荒廃してしまいました。
 徳川家康は、天正18年(1590)小田原北条氏攻めの功により、関東の地を与えられました。そこで、祖先開基の寺とする長楽寺を、天海(てんかい)大僧正を住職として復興に当たらせ、寺領100石を与えました。天海は臨済宗から天台宗に改宗し、境内を整備し、伽藍(がらん)を修復し、幕府庇護のもと末寺700寺有余の大寺院に成長させました。
 現在、境内には文殊山(もんじゅやま)の中世石塔群や蓮池、江戸時代の建物である勅使門(県重文/ちょくしもん)、三仏堂(県重文)、太鼓門(県重文/たいこもん)、開山堂などがあります。

長楽寺の概要と関連する指定文化財一覧

指定区分
国指定史跡[遺跡地]
指定年月日
平成12年11月1日
平成21年7月23日(追加指定)
所在地
太田市世良田町3119-6他 長楽寺

▲このページの先頭へ