トップ > 組織・電話番号 > 教育委員会-文化財課 > 太田市の文化財 > 絹本墨画枯木図

絹本墨画枯木図

絹本墨画枯木図  絹本墨画枯木図(けんぽんぼくがこぼくず)は、縦120.1cm、横51.1cmの掛軸装で、作者不詳です。枯木図は中国の元時代(1271~1368)に禅僧の間で画題として流行したもので、本図もその時期の制作と考えられています。図柄は画面中央に大きく2本の枯木を表し、背景の右奥の岩上にほとんど幹のみの3本の樹木を描いています。禅の考え方では、枯木は必ずしも枯れた木を意味するわけでなく、人間が煩悩を捨て去り、超越した境地を表すとされています。

長楽寺の概要と関連する指定文化財一覧
指定区分
県指定重要文化財[絵画]
指定年月日
昭和40年7月23日
所在地
高崎市綿貫町992-1(群馬県立歴史博物館寄託)

▲このページの先頭へ