トップ > 組織・電話番号 > 教育委員会-文化財課 > 太田市の文化財 > 絹本墨画出山釈迦図

絹本墨画出山釈迦図

絹本墨画出山釈迦図  絹本墨画出山釈迦図(けんぽんぼくがしゅっさんしゃかず)は、縦73cm、横36cmの絹地に描かれた水墨画です。仏の教えを得るために雪山に入って苦行した釈迦が、仙人から離れ自らの道を見いだすために、山から下りてくる様子が描かれています。
 水墨画の作者は不明ですが、制作年代は日本ではその数が少ないとされる僧東明慧日(とうみょうえんにち)(1272~1340)の賛が画右上にあるところから、鎌倉末期から南北朝初期の制作と考えられています。東明慧日は、中国明州の禅僧で、延慶(えんきょう)2年(1309)北条貞時の招きで来日しました。鎌倉の円覚寺や建長寺に歴住し、日本禅宗において東明派の祖となった名僧です。
 本図は初期水墨画史上より見て大変貴重な資料です。

【賛】

   入山出山東涌
   西没鳳質龍姿
   弊衣痩骨六戴
   所成々泏●
   沙門 彗日

   ※ ●は「さんずい」に盾

長楽寺の概要と関連する指定文化財一覧
 
指定区分
国指定重要文化財[絵画]
指定年月日
昭和39年3月27日
所在地
高崎市綿貫町992-1(群馬県立歴史博物館寄託)

▲このページの先頭へ