トップ > 組織・電話番号 > 教育委員会-文化財課 > 太田市の文化財 > さざえ堂

さざえ堂

さざえ堂  祥寿山曹源寺は曹洞宗の寺院で、寺伝によると新田氏の祖義重が京都から迎えたという養姫である祥寿姫の菩提を弔うため、文治3年(1187)に開基したと伝えられています。また、境内には薗田氏一門により造立されたかと考えられる名号角塔婆や中興開基と伝えられる横瀬氏の五輪塔があります。
 江戸時代に本堂が火災に遭い、その後、観音堂が造られ、観音堂を本堂としてきています。観音堂はさざえ堂と呼ばれ、江戸時代中期に普及・発展した三十三観音・百観音信仰を背景に、関東・東北地方に限って建造された三匝堂(さんそうどう)のひとつです。寛政5年(1793)に創建された建物で、間口・奥行ともに9間(約16.3m)、高さ55.5尺(約16.8m)であり正面は東向きです。外観は重層の二階建に見えますが、内部は三層になっています。堂内には秩父、坂東、西国の観音札所計百ヵ寺の観音像を安置し、右回りに堂内を一方通行で巡拝できることから「さざえ堂」の名があります。現在、埼玉県本庄市の成身院と福島県会津若松市の旧正宗寺と合わせて、日本三さざえ堂と言われていますが、曹源寺のさざえ堂が最大です。

 

 

 ※さざえ堂は大規模修理工事を実施のため、下記の期間、檀家等の関係者を除き堂内の拝観・境内への立ち入りができません。長期間にわたって大変ご不便をおかけしますが、ご理解くださいますようお願い申し上げます。

 

 平成27年9月28日~平成29年7月31日(予定)

 詳しくは直接、曹源寺にお問い合わせください。

  

   曹源寺さざえ堂ホームページ

指定区分
県指定重要文化財[建造物(建築)]
指定年月日
昭和52年9月20日
所在地
太田市東今泉町165 曹源寺

▲このページの先頭へ