トップ > 組織・電話番号 > 教育委員会-文化財課 > 太田市の文化財 > オクマン山古墳出土の埴輪鷹匠

オクマン山古墳出土の埴輪鷹匠

オクマン山古墳出土埴輪鷹匠  飼いならした鷹を放って鳥等を捕える男性(鷹匠)を表現しています。推定復元した部分もありますが、高さは約147cmです。左手には尾に鈴を付けた全長15cm程の鷹を止め、巾広の鍔(つば)のある帽子をかぶり、肩まで垂らした美豆良(みずら)を結っています。裾縁に鋸歯文(きょしもん)を施した袴をつけ、腰には大帯をしめた身仕度をしています。正装した人物は高い地位にあったと思われ、鷹狩りが支配者層の狩猟行事であったことを物語っています。人物の表現は言うに及ばず、鷹、鈴、鞆(とも)、餌籠に至るまで巧みに造られています。出土状況も明らかであり、当時の鷹狩りの様子を最もよく表現した埴輪です。
 現在、新田荘歴史資料館に展示されています。

オクマン山古墳の概要と関連する指定文化財一覧
オクマン山古墳の埴輪配置図

オクマン山古墳の埴輪配置図
↑ クリックすると大きい画像が現れます

指定区分
市指定重要文化財[考古資料]
指定年月日
昭和51年11月16日
合併に伴い、平成17年3月28日に改めて
新市の文化財として指定されました
所在地
太田市世良田町3113-9 新田荘歴史資料館

▲このページの先頭へ