トップ > 組織・電話番号 > 教育委員会-文化財課 > 太田市の文化財 > 西長岡東山古墳群出土の埴輪飾り馬

西長岡東山古墳群出土の埴輪飾り馬

飾り馬埴輪  太田市西長岡町の八王子丘陵に形成された西長岡東山古墳群中の円墳から出土したといわれている埴輪です。高さ114㎝、全長117㎝と大型で、脚が長いです。
 全身に飾り馬具を付けていますが、飾り馬具の表現は形骸化しており、鼻面も筒形に作られています。埴輪生産の終末期にあたる6世紀末に制作されたと推定されています。
図:古墳時代の馬具

一般的な古墳時代の馬具

指定区分
市指定重要文化財[考古資料]
指定年月日
平成8年7月18日
合併に伴い、平成17年3月28日に改めて
新市の文化財として指定されました
所在地
太田市天良町858-2 太田市立強戸小学校

▲このページの先頭へ