トップ > 組織・電話番号 > 教育委員会-文化財課 > 太田市の文化財 > 女体山古墳

女体山古墳

空から見た女体山古墳  女体山古墳は、天神山古墳の東の平坦地に造られた、墳丘の長さ106m、円丘部84m、高さ7m、造り出し部幅18m、長さ16mの帆立貝形古墳(または造出付き円墳)です。隣接する男体山(天神山古墳の別名)に対して女体山と呼ばれています。造られた時期は5世紀前半で、天神山古墳よりも少し古いと考えられています。
 天神山古墳と女体山古墳は、ほぼ同一時期に同一方向を向いて、広い地割に基づいて造られています。このことから、2つの古墳に埋葬された人物には、密接な関連があると考えられています。



指定区分
国指定史跡
指定年月日
昭和2年4月8日
所在地
太田市内ケ島町1506-1ほか

▲このページの先頭へ