トップ > 組織・電話番号 > 教育委員会-文化財課 > 太田市の文化財 > 旧金山図書館

旧金山図書館

旧金山図書館  旧金山図書館は明治・大正時代の太田出身の実業家である葉住利蔵(1866~1926)が太田地方の文化発展のため、私財を投じて建設した私立の図書館で、大正11年(1922)5月1日に開館したものです。木造平屋建て、入母屋造り桟瓦葺で、閲覧室40坪(132平方メートル)と玄関3坪(約10平方メートル)からなります。閲覧室は床を高くし、基礎には石組が使用されています。天井は床から14尺(約4.6m)と高く、湿気を防ぎ、建物の耐久化が図られています。窓は開閉自在の上下窓で、通風・採光が十分配慮され、図書館機能が建築構造の中によく活かされています。建築当時は閲覧室のほか、二階建て土蔵造りの書庫、管理者用の和風住宅が付設されていましたが、現在は残っていません。その後、図書館は太田町に寄付され、現在は太田行政センターの別館として使用されています。明治・大正時代を通じての木造公共洋風建築としては、市内に現存する唯一の建物です。建物の保存状態は良好で、群馬県内に現存する草創期の図書館建築としても重要です。
指定区分
市指定重要文化財[建造物(近代化遺産)]
指定年月日
昭和57年3月30日
合併に伴い、平成17年3月28日に改めて
新市の文化財として指定されました

所在地
太田市本町27-9 太田公民館敷地内

▲このページの先頭へ