トップ > 組織・電話番号 > 教育委員会-文化財課 > 太田市の文化財 > 稲荷山古墳

稲荷山古墳

稲荷山古墳  稲荷山古墳(通称:市場稲荷山古墳)は、太田市北東辺、かつての渡良瀬川の旧流路である矢場川右岸に立地した直径32m、高さ4mの円墳です。墳丘には石が葺かれ、円筒埴輪のほか馬形の形象埴輪が立てられていました。また、西側には堀の跡が残されています。造られた時期は6世紀中頃と推定されます。
指定区分
市指定史跡
指定年月日
昭和61年2月1日
合併に伴い、平成17年3月28日に改めて
新市の文化財として指定されました
所在地
太田市市場町488-1

▲このページの先頭へ