トップ > 組織・電話番号 > 教育委員会-文化財課 > 太田市の文化財 > 全性寺本堂の欄間彫刻

全性寺本堂の欄間彫刻

全性寺本堂の欄間彫刻(韓信の股くぐり)  旧山之神村(太田市山之神町)に住んでいた彫刻師岸一族の代表的な作品です。外陣欄間3枚(両面彫刻)と内陣欄間3枚からなり、使用材はケヤキです。寸法は、彫刻部が縦50cm・横147cm、欄間部が全長167cm・全幅72cmです。絵師は中村卓斎です。
 岸一族は彫亦三代と言われ、文化13年(1816)頃から4代にわたって山之神村に居住した彫刻家で、大黒から社寺の彫刻までたくさんの作品を残しています。
 この作品は、初代の岸又八が57歳頃につくった作品(長建寺の外陣銘から逆算)です。彫り物は中国の伝説等を題材にしています。
 上の図は「韓信の股くぐり」、下の図は「鳳凰図」です。

全性寺本堂の欄間彫刻「鳳凰図」

指定区分
市指定重要文化財[彫刻]
指定年月日
昭和53年9月9日
合併に伴い、平成17年3月28日に改めて
新市の文化財として指定されました
所在地
太田市大原町371-3 全性寺

▲このページの先頭へ