トップ > 太田市のあらまし

太田市のあらまし

はじめに

 太田市は、平成17年3月28日に太田市、尾島町、新田町、藪塚本町が合併し、人口21万人を超える新市として誕生しました。
 利根川と渡良瀬川の水の恵みと、金山八王子丘陵の豊かな緑を有し、古来より歴史と文化にはぐくまれてきました。
 東毛の中核都市として発展を遂げ、平成19年4月から特例市として更なる飛躍を目指し、新たな一歩を踏み出しています。

※太田市の統計情報はこちらをクリックしてください。  市の概要(PDFデータ)はこちらから。PDFファイル

位置と地勢

 太田市は、関東平野の北部、群馬県南東部に位置し(東経139度、北緯36度)、南に利根川、北に渡良瀬川という二つの豊かな水量を誇る河川に挟まれた地域にあります。東側は大泉町・邑楽町・栃木県足利市、西側は伊勢崎市、南側は埼玉県熊谷市及び深谷市、北側は桐生市・みどり市に接しています。
 また、太田市は東京から北西へ約86kmの距離にあり、北関東自動車道が北部地域を通過して関越自動車道、東北自動車道と接続し、東武鉄道によって東京都に接続しています。
 地勢は、市街地北部に標高239mの金山と、それに接続する八王子丘陵が走るほかは概ね平坦地で、その標高は30mから110mとなっています。

気候

 気候は比較的温暖で、平均気温は14度~15度。夏には雷雨が発生し、冬は北西の季節風が吹き、四季を通じて晴天に恵まれています。

面積

 面積は175.54平方キロメートルで県面積の2.8%を占めています。

人口

 平成22年の国勢調査による太田市の人口は、216,465人で、県下第3位となっています。
※最新の人口はこちらをクリックしてください。

市章

 かつて、この地域を治めていた新田氏の旗印である大中黒をベースに、右下に市名をひらがなで配置。大中黒に脈々と受け継がれる伝統と革新の精神を表現しています。

太田市市章

市民憲章

太田市市民憲章制定文 PDFファイル(新しいウィンドウで開きます) 太田市の歌(新しいページが開きます)

マスコットキャラクターおおたん

 太田市のアルファベット標記の頭文字「O」を基調にし、頭部の4つの丸は合併した4市町を表し、体の色(緑)は自然に恵まれた市をイメージしています。

おおたん

市のシンボル木・木・花

・シンボル木 マツ
・市の木  モクセイ、カエデ、イチョウ
・市の花  キク、サルビア、シュンラン、ツツジ

シンボル木 マツ シンボル木マツ
市の木 モクセイ 市の木モクセイ
カエデ 市の木カエデ
イチョウ 市の木イチョウ
市の花 キク 市の花キク
サルビア 市の花サルビア
シュンラン 市の花シュンラン
ツツジ 市の花ツツジ

姉妹・友好都市

・国内姉妹都市 今治市(愛媛県)
・国内友好都市 弘前市(青森県)
・国際姉妹都市 バーバンク市(アメリカ合衆国カリフォルニア州)
        グレイターラフィエット
        <ラフィエット市・西ラフィエット市、ティピカヌー郡の総称>
        (アメリカ合衆国インディアナ州)
・国際友好都市 営口市(中華人民共和国遼寧省)

▲このページの先頭へ