トップ > 太田市議会 > 市議会の活動 > ジュネス議場演奏

ジュネス議場演奏

6月定例会開会に先立ちジュネスによる演奏が行われました。

 6月定例会開会に先立ち、議場において、毎年恒例のおおた芸術学校付属オーケストラ「ジュネス」による演奏が行われました。演奏された曲目は次のとおりです。

○ 歌劇「運命の力」序曲  G.ヴェルディ作曲
○ 交響曲第7番イ長調作品92第1楽章より  L.v.ベートーヴェン作曲
○ NHK大河ドラマ「八重の桜」テーマ曲  坂本龍一作曲、福島弘和編曲

議場内に響く迫力ある音色に、議員や傍聴者から盛大な拍手が送られ、団員の演奏をたたえました。

♪ジュネス♪
 平成10年4月、太田芸術学校付属ジュニアオーケストラとして発足し、平成12年5月に、おおた芸術学校付属オーケストラ「ジュネス」に改名されました。主な活動として、定期演奏会・サマーフェスティバルへの参加、官公庁からの依頼演奏などのほか、稚内市、札幌市、今治市、富士宮市、弘前市、佐渡市、高知市、木更津市、飯田市での公演など、活発に活動しています。また、今年は、出雲市出雲大社神楽殿にて奉納演奏を行うことになっています。
 団員は、太田市近郊に住む小学5年生から高校3年生までと幅広く、各楽器のオーディションに合格した青少年で構成されており、毎週土曜日の練習では、合奏や分奏などをとおして様々な曲に取り組んでいます。

ジュネスの詳しい内容はこちらをご覧ください。(外部リンク)

演奏風景
ジュネス議場演奏
ジュネス議場演奏
ジュネス議場演奏
ジュネス議場演奏

▲このページの先頭へ