トップ > 産業・観光 > 観光・特産品 > 小玉スイカ

小玉スイカ

~藪塚の豊かな自然に育まれた新鮮な香りと甘さは、まさに絶品です~

 「小玉スイカ」は昭和42年から栽培が始まり、現在ハウス栽培が行われています。スイカは京浜市場や地方市場に出荷し、今では全国的に知られるようになりました。

 平成元年には、群馬県のブランド産地に指定され、現在では約130戸の生産者により、70ヘクタールほど栽培されています。

おいしさの秘密

  • 甘くておいしい
    「小玉スイカ」は、単に大玉スイカの小さいものではありません。品種改良によって生まれたもので、大玉スイカと比較しても甘いのが特長です。
  • 冷たくておいしい
    「小玉スイカ」は、直径約20cm。サイズはちょうど2人分です。小さいから冷蔵庫で丸ごと冷やして、おいしい紅こだまスイカを味わってください。
  • 食べやすくておいしい
    「小玉スイカ」は、皮がとても薄く、おいしく食べられる部分が多いのがうれしいですね。また、種が大玉の約半分なのも食べやすさの秘密です。
  • 出荷時期
    3月~6月頃

小玉スイカの画像

詳細情報
問い合わせ先
新田庁舎
TEL 0276-20-9714
太田市農業協同組合
TEL 0276-32-8211

▲このページの先頭へ