トップ > 組織・電話番号 > 秘書室 > 平成21年1月5日(月) 仕事始め式

平成21年1月5日(月) 仕事始め式

 あけましておめでとうございます。昨日までとてもよい日が続きました。昨年は経済的にも非常に厳しい一年であり、これは今年も継続すると思っております。今年は合併を控えての年でもありますし、それぞれが健康体で、よい合併を迎えられれば、と思っております。

市民に元気を与える

仕事始め式の画像   昨年の暮れにお話したのは、「できない言い訳はしない。」、これが我々にとってとても大事なことである、という話をしました。今年も同じような気持ちを持って市民に対応していってほしいと思います。私たちが前を向いて市民に元気を与えなければ、というような昨今の風潮からであります。休み中に日比谷にいた、いわゆるブルーシートの中にいた人たちが厚生労働省の講堂に集まってありがたがっている風景をテレビで見ましたが、「これは厚生労働省はよくやった。」というよりも、むしろそういう世の中になってしまったことを憂う気持ちを強く感じました。と同時に、どうして人間が同じように勉強し、同じように働いても、結果としてこのような格差が出てしまったのか、これも非常に残念なことであると感じました。

何か事が起こった時に迅速に対応をすることは勿論大事なことでありますけれども、私たちみんなが平等に暮らせるような世の中というのは非常に厳しいことだ、というようにも考えることがありました。みんな同じにやっているのに、同じことをやろうとしているのに、結果として不平等になってしまっている。地方自治体もやはり同じようなことが、これから多分起こるでしょう。同じようにやっているつもりであっても、どこか少しずつ違うことが起こることによって、まちとまちの格差が生まれてしまう。「みんな平等であるべきなのに」というような理論は成り立たなくなってしまっている、そういう時が来るのではないかな、と思います。我々職員として、日々、努力を積み重ねていくことが都市間競争に勝つとか、他のまちには絶対に負けない、太田市民のために最も役に立つ太田市をつくり上げていくという結論に結びつくと思います。

転換する年

 今朝、副市長・財政担当と話をしました。厳しい状況にある企業に対して行政に今、何ができるか。緊急融資対策をもう一度行おうということです。こうした緊急融資対策は今度で3回目になります。昨年の春、原油が非常に高くなり、このことによって大きく締め付けられた企業向けに原油高対策融資を行いました。そして秋以降サブプライム問題から日本経済がおかしくなってしまった。これも非常に厳しい状況であったので、経営安定緊急融資制度を設けました。そして今回は年度末を迎えてのことでありまして、私達も十分対応できる策をつくらなければならない、スピーディに緊急性をもった対応をしなければならないということであります。
先ほど言ったように私達がただ流されるまま、何の努力も重ねなければまちは負けてしまう、こんな素晴らしい太田市がだんだん壊されていく、こういった状況は私達にとってあってはならないことであります。そういった意味で、今年は非常に難しい年であると同時に、私たちの知恵がもう一歩先へいく、そのことによってまちを守ることができる、さらに進展することができる、そうすることによって転換する年であるという認識でおります。ぜひ職員全体が力を合わせ、一つの努力を重ね、一つのリスクは自分達が受け持って逃げない・言い訳はしないという年にしていただきたいと、心からお願いする次第でございます。いずれにしても、市民のために役に立つ市役所であるということを、もう一度認識をして頑張ってもらいたいと心から思っています。皆さん方の健康を祈って年頭の言葉に変えさせていただきます。

▲このページの先頭へ