トップ > 組織・電話番号 > 秘書室 > 平成31年 新春懇談会

平成31年 新春懇談会

明けましておめでとうございます。
本日も大勢の皆様方をお迎えして、平成31年新春懇談会が出来ることを大変嬉しく思っております。

フラダンス 市長あいさつ

大きな変化を迎える年

元旦の最大行事は全日本実業団対抗駅伝であります。毎年、SUBARUは後方から走ってきて、テレビカメラが後ろに回って映してくれればいいな、なんて思っていたのですが、今年はスタートから頑張ってくれて、4区の小山選手までテレビに映ったまま太田市役所中継所に来てくれました。これを見て「今年はいつもと違う、今年は変化の年だ!」と強く感じました。
2日、3日は箱根駅伝です。例年であれば青山学院大学がトップでくるところ、東海大学が我々の予想を覆して優勝したのです。今までは、SUBARUは青山学院大学の選手に来てもらえれば駅伝上位にいけると提案してきたのですが、今度は東海大学の選手に来てもらうのがいいかもしれません。箱根駅伝もまた、今年は変化の年だと思った事の一つです。
あまり景気の良い話ではありませんが、円が高くなって株が大きく落ち込んだことも、大きな変化の前兆だと思っております。
大きく変化する年にむけて、太田市は不要な財産や老朽化した建物を処分しよう、そして売却できるものは売却し、出来るだけ自分達のからだを小さくして、市民サービスの充実に努めていこう、と職員に話しました。
太田市には、全国に例のない「太田市こどもプラッツ」があります。「太田市こどもプラッツ」こそ、変化する社会情勢を反映した事業です。子ども達は学校が終わると学童保育所へ行きます。お父さんもお母さんも働いている家庭の子ども達の居場所をどうするかという課題の中で、学童保育所があります。子ども達にとって、学童保育所は学校に次ぐ2番目の居場所になっています。しかしながら、その全部が定員満杯なのです。それでは1,500人くらい溢れた子ども達をどうするのか?太田市は、高齢者や時間に余裕のあるお母さんたちに最低賃金で有償ボランティアとして働いてもらい、子ども達を預かる「太田市こどもプラッツ」を立ち上げました。その後「太田市こどもプラッツ」は拡大していき、今では180人くらいの高齢者が放課後に子どもたちと遊んだり勉強を教えたりしています。「太田市こどもプラッツ」は、労働力が不足し人材確保が困難な社会になってきたときに、我々の知恵から生まれたものです。こうした知恵を出すことによって、世の中が少しずつ変わっていくのです。

政策は多くの選択肢から選びとる

昨年、外国人をさらに受け入れていく改正入管難民法が成立しました。今後、私たちの社会は世界に対して気持ちを開いていかなければならない時代を迎えることになります。開かれたグローバル社会の中で役所は何ができるか、例えば日本語学校を作るかとか、色々な選択肢を出し、その中からチョイスをすることになります。以前は役所が「これだ!」と最初から決めて、その通りに進む時代でした。これからは色々な選択肢の中からいちばん「今」に合うものをチョイスして政策に変えていく時代に変わっていくのです。議会の皆さんと一緒に相談しながらチョイスしていければ、正しい判断が出来ると思っています。

乾杯 全景

太田市は周辺地域の中枢都市を担っていく

太田市は産業団地の造成・販売を積極的に行っています。まちの色を青地(農振農用地)中心から私たちの生活環境にふさわしい色に切り替えていきたい、産業団地の造成・販売はその思いでやっています。産業団地を造ると雇用が確保されていいですよね、と一般的に言われます。しかし私の思いはそれだけではありません。太田市に桐生市・邑楽郡・足利市・佐野市・熊谷市などの周辺地域の皆さんが集まり、働き、それぞれの地元に戻って住民税を払う、そして周辺地域全体が繁栄する。こういった全体像の中で、中枢都市として太田市を捉えていくことが良いと思っています。
太田市は、これから数年間で、まち全貌が大きく変わったね、実際に住んでみたら子どもたちやお年寄りの生活も変わったね、そういった環境を創出できると皆さんに約束したいのです。人口では、高崎市や前橋市にとてもかないません。しかし周辺のまちから働きに来る人達も含めて太田市の人口だと思えばよい、そういう気持ちで臨んでいきたいと思っております。そのためには、本日お集りの皆様が、太田市は中枢としての存在であることを認識していただく必要性があるのです。私たちがそういった認識を持たずにいたら、太田市は中枢都市として存在することは出来ません。

結びに

本日は年初お忙しい中、大勢の方にお集まりいただきまして本当にありがとうございました。多くの分野で、それぞれご活躍されている皆様にとって、この新春懇談会が交流の場として意義あるものにしていただければとありがたいと思います。これからまた一年が始まりますが、私たちは気持ちを一つにして太田市の発展を願い、市民にとって優しいまち、皆さんが楽しくやっていけるようなまちにしていきますので、ご支援、ご協力をよろしくお願いしたいと思っております。太田市は、皆様とともに前へ前へ進むまちです。今後ともよろしくお願いいたします。

 万歳

▲このページの先頭へ