トップ > 組織・電話番号 > 秘書室 > 平成19年1月4日(木) 仕事始め式

平成19年1月4日(木) 仕事始め式

新しい年を皆さん方と一緒に・・・

 明けましておめでとうございます。
 今年のお正月は非常に暖かくて、特に元旦マラソン、実業団駅伝の日はみなさんにご協力いただきましたが、風もなく行われました。
 新しい年を皆さん方と一緒に迎えられたことを大変うれしく思っています。
 今年は、新生総合計画の初年度の予算組みが行われます。この10年間というのは日本は、ある意味で大きな変わり目にあると思っています。その一つは団塊の世代の方達がどんな活躍をするのか、ということです。私の子供の頃は、教室には1クラス60人、6クラス、7クラスは当たり前の教育を受けていました。考えてみれば、今の子供達は人数が少なく、特に太田市においては算数・国語は20人で勉強するような環境になりました。しかも児童館や学童保育があり、ある意味で教育については非常に充実した環境にあると思います。
 しかしながらその子供達がわれわれの時代から比べても、非常に問題の多い世の中を迎えております。ところが片方では、子供達一人一人が重要な役割を担わなければならない時代でもあるわけです。
 昨日、NHKを見ていましたら、2050年には1億人を割って9600万人程度になる、2100年には4600万人まで落ちると、今の半分以下の人口になってしまう、その時の日本はどうなるかということを考えれば、今いる子供達一人一人が私達の宝物でありまして、彼らがしっかりとした教育を受けて、その意識を持って日本の人間として頑張ってくれなければ日本が成り立たない時代を迎えると思っています。
 私達は、子供一人一人を見た時に、みんな金の卵にしなければいけないとそういう感覚で教育にあたらなければならないと思っております。
 もうひとつは、数が少なくなってきたときは、外国人との共生というのが非常に大事になると思います。今まで単一国家で日本はやってきましたけれども、これからは外国人との共生ができるかできないか、彼らと一緒に手を組んで日本という国をつくっていかなくてはならないと、そういう時代を迎えると私は思っています。

仕事始め式の画像 市長挨拶の画像

 ぐんま国際アカデミーをつくった時も、そのことをきっかけにして、国際化する社会に対応できる太田市民をつくり上げたいという気持ちが実はありました。こういったようなことから、これからの時代は大きな変化をしていきます。その中にあって、市役所の役割というのは、やはり同じように少人数でありながら十分な機能を発揮する市役所でなければなりません。まさに市民サービスの質を高めるということが、非常に大事になってきます。多くの職員でサービスをする時代は終わったと私は思っています。少数でもって対応できる、しかも市民に笑顔を与えられるような行政サービスができるということが非常に大事になってくるとこんな風に思っています。
 そんな意味から新生太田総合計画、これは完遂する、しかも低コストでやっていくということが大事なわけであります。
 今日をきっかけにまた一年間ぜひ皆様がたも力を合わせて、先ほど言ったような、変わらなければならない日本のためにがんばってほしいと思っております。  
何はともあれ健康が第一であります。健康であることを自分で考え、自分自身の体を労わりながら、市民サービスの質を高めていくようにひとつよろしくお願いいたします。
 必ず時代は変わります。そして、時代の変わり目に自分たちがいたことを、やはり存在してきたことを意識する、喜びと感じるそういったことを考える1年にしていただければありがたいと思います。
 今年は70名を超える退職者がおります。退職される方は、アクティビィティで非常に元気のある、活力のあるそういった老人会青年部を目指してですね、がんばってもらえばと思います。
 1年またしっかりと元気に、今年こそはいい年になりますようにがんばってやっていきましょう。1年間よろしくお願いいたします。

仕事始め式の画像 助役、発声による万歳三唱の画像

▲このページの先頭へ