トップ > 組織・電話番号 > 秘書室 > 平成24年1月4日 仕事始め式

平成24年1月4日 仕事始め式

あけましておめでとうございます。
三が日はよいお天気が続きました。この天気のように、今年は日本が快晴で元気のよい年になることを願っています。
昨年の3.11、東日本大震災による津波と原発の事故、これはある意味で人災の面も非常に強いと思います。私たちが木を切りたいときに木を切って、山を崩したいときに山を崩して、自分たちの勝手な振る舞いで自然をかなり破壊してきました。文化的な生活を営むために私たちがそういった行為をしてきました。そういったものの猛反省の年でもありました。

市民が安心して帰れる場所をつくるために

仕事始め式での市長 そういう時代にあって、まちづくりはどういうところがベースとなるのでしょうか。
今でも東北の人たちは東日本大震災の影響で、自分のまちに帰れない人が非常に多いわけです。特に子どもたちは放射能の関係があって自分たちのまちで勉強することができません。これを考えたときに、安全で安心できる場所がないとそこに居られない。居たくても居られないという環境になってしまいます。
市民にとって太田市が安心して住めるベース(基地)でなければいけないと思うんです。太田という安心して住める、戻ってくる場所があるから、われわれは色々なことにチャレンジしたり、いろいろな所に出かけて行ったりできるのです。
そして、それを守るのはわれわれ行政マンであると思っています。ですから、私たちは市民の安心して帰れる場所、ふるさとを作るためにしっかりと仕事をやっていく。これが非常に大事であると認識させられました。

自分の顔は自分でつくる

仕事始め式の様子 自分の顔というのは自分ではわからないものです。
自分と相対する人が自分の顔を認めてくれる。自分の顔を自分で作るためには自分自身を磨いていくことしかない。自分がこういう表情をしたら相手がこういう反応をする。コミュニケーションということですけど、これが一番大事なことだと思います。
ですから自分の顔は自分で作って、相手に自分のことを理解してもらうことが一番大事なことだと思います。
ぜひ、また今年一年間われわれが自分の顔を作って、自分自身を相手に認めさせることができるような自分の顔を作り上げていく一年にしていければと思っています。
これが個人個人の個性にもつながるし、自分に自信を持つこともできます。
去年はいろいろと思うことが非常に多い年でした。今年はその反省することを心に持ちながら、新しい年を作っていきたいと思っています。
一年間またお世話になります。3月で退職となる職員の方もいますが、ここでできた私たちのみんなの輪をこれからも強くしっかりと結んで、安心して過ごせる、そのベースとなる太田市というものをぜひつくりあげていきたいと思っています。
ありがとうございました。

▲このページの先頭へ