トップ > 組織・電話番号 > 秘書室 > 平成24年1月4日(水) 新春懇談会

平成24年1月4日(水) 新春懇談会

反省しなければならないこと

 明けましておめでとうございます。
ただいま、本当にきれいな声を聴かせていただきまして、ビブラコンパニーの皆様方、本当にありがとうございました。実は最初、どうしようかなと思ったのですが、「やってみようよ」と思いまして、予想以上の歌声であったと本当に喜んでいます。
 いま、歌の中に「お母さんのそばにいるとやさしさが広がる」という詞がありました。去年は、津波があり原発事故があり・・・。「お母さんのそばにいるとやさしさが広がる」、東北の皆様方にとって、そういった場面が本当に失われた非常に嫌な一年でありました。いい社会をつくろう、みんなが住みやすいまちをつくっていこう、そんなふうに思い過ぎるが故に、私たちは少しずつ自然を破壊してきました。考えてみれば、新しい家をつくるために木はどんどん伐採され、あるいは、山は崩され、そしてまた、私たちの生活を全て優先する中で、いろいろな形で世の中を変えてきてしまいました。やはりこれは、我々が強く反省しなければならない点であり、そのような土台に立って私たちは、これから生活をしていかなければいけないと、そのように強く感じているところであります。太田市はそういった意味で、誰が来てもやさしく受け止めてあげられるような土壌をつくらなければいけない、そういう環境づくりというものを、今日お集まりの皆様方と一緒に考えていきたいと非常に強く思っています。

コーラス歌唱 市長あいさつ

学校耐震化、新しい総合太田病院などいいことがたくさんあります

今年はいいことが、実はいっぱいあります。市内小中学校の耐震化、これは以前から狙いとしていたところであります。来る人を安心して受け止められる、そういうまちのために、耐震化はずいぶん前から始めて、昨年は95%終えることができました。この時期に95%終了するということを、別に目標としていたわけではありませんが、まさかの大地震でありました。太田市のやり方は間違っていなかったのだな、ということを去年は強く感じたわけであります。また、今年は太田病院に、私たちが本当に大変な時に受け止めてくれる、第3次救急といった環境もつくることができます。これは、総合太田病院に努力してもらうと同時に、我々市民の税金を使ってその環境をつくるというコラボレーションができた、そういう病院でもあります。もちろんこれまでも救急病院が努力してくれたおかげで私たちは安心して暮らしてくることができました。さらに第3次救急を置いて、緊急の時はいつでも対応できるそういった環境ができあがります。6月に新しい総合太田病院が完成予定です。本当にほっと一息というところであります。また近隣では日赤病院もできましたし、私たちの医療環境はますます整いつつある、ということであると思います。今年は、最後になりますけれども沢野小学校の建築が始まります。また、沢野行政センター、これも太田市内行政センター整備の最後のものになりましたけれども、今年始めることができます。行政事務の全体、あるいは社会教育の全体がこれによって一応一段落するということになります。

議長の挨拶 万歳三唱

安全・安心なまちづくりのための「市民力」

 今後の太田市でございますけれども、やはり安全で安心ということが、最近どこに行ってもテーマとなってきています。この安全で安心して生活できるという環境づくりは行政だけでできるものではありません。行政が皆様から任された分野というものは、深いものは当然ありますが、広くそれを支えるのは市民の皆様方であります。市民の皆様方がこれを支えていく、そういう気概を持ってやっていくこと、これがいわゆる「市民力」という言葉に代えられますけれども、これを今後の太田市は最大のテーマにしていかなければならないということであります。災害時、「マニュアルによって動く」という言葉がよく使われました。マニュアルによって人間が動いて、だから安心であると。しかし、そんなものではないと思います。我々は動物です、やはり動物は動物なりの動き方をしなければならない、危険があったら自分で自分の身を守らなければならない。市民は行政に災害時マニュアル整備や、防災施設整備など様々な要望をおこないます。もちろんこれは非常に大事なことでありますけれども、自ら危険を察知して自ら動く体制が非常に重要になります。正月の新聞にありましたが、九合地区からはじまった、本当に大変な人をピックアップしていつでもサポートできるような体制というのは、まさに市民が市民を守るというような体制だと思います。これから太田市が前に進んでいく中で、行政としてやるべきことは当然ありますけれども、それ以前に市民の皆様方が力を合わせて、自分自身で自分の身を守るという、それが太田市であるということをぜひ皆様方に分かっていただいて、それを進めてまいりたいと思っております。

今日は賀詞交歓会のようなものです。「あれ、しばらくぶりだったね」とか「みんな元気かね」という会合でありますのでぜひこの場を使って交流をしていただいて、お互いにまた明日を見つめあうような環境をつくれればと思っています。今日はお忙しい中お集まりいただきまして、ありがとうございました。今後とも太田市をみんなでつくっていく、市民の力で太田市をつくっていく、そういう環境をみんなで築いていきましょう。今日は本当にありがとうございました。 

▲このページの先頭へ