トップ > 組織・電話番号 > 企画部-企画政策課 > お知らせ > 令和4年就業構造基本調査を実施します。

令和4年就業構造基本調査を実施します。

「就業構造基本調査」は、統計法に基づく基幹統計調査であり、国民の就業及び不就業の状態を調査し、全国及び地域別の就業構造に関する基礎資料を得ることを目的としています。「就業構造基本調査」の結果は、働き方改革の推進に向けた各種取組など、国や地方公共団体の政策の基礎資料として幅広く使われています。

調査期日

令和4年10月1日現在

調査対象

総務大臣が指定した市内74調査区から無作為抽出された世帯に居住する15歳以上の世帯員

太田市においては、約1,110世帯が調査の対象となります。

調査方法

(1)8月下旬から、調査員が調査対象地域を巡回し、居住者の有無や世帯主の氏名等を確認する準備調査を行います。

(2)無作為抽出の結果、回答をお願いする世帯には、9月下旬に調査員が調査票の配布に伺います。

回答方法

インターネット(パソコン・スマートフォン)または郵送で回答することができます。いずれも困難な場合は、調査員が受け取りにまいります。

インターネットで回答する場合は、調査対象世帯に配布する「インターネット回答利用ガイド」に記載されているログインID等を入力して回答をお願いします。

 

(下の画像をクリックすると。総務省の「就業構造基本調査」キャンペーンサイトが別ウィンドウで開きます。)

a

▲このページの先頭へ